明治生命[明日のミカタ]


「医療費の自己負担分を払う、画期的な保険です!」

まぁ、恐らく今日(2009.5.26)から大々的に売り出していく事が予想される保険。
でもって、多くの方が「転換」させられる事は想像するに難しくないですね。

まだ出始めの保険なので、不明点も多いですが、現段階で見えている部分をピックしていこうと思います。

 

>◆一言、どんな商品??____________________

これはどんな商品?といわれたら、「終身医療に掛け捨て定期をドカンと乗っけた保険」ですね。
えぇ、「定期付き終身医療」といえば分かりやすいでしょうか。

類似商品としては、国内生保で日生の「生きるチカラ」がありますね。
一読しておくと、大体の概要はつかめるでしょう。

でもって、生きるチカラにない「特約」として「入院治療保障特約」があるぜ、と。
※入院治療保障特約=入院での自己負担分を支払うよ、というもの

まぁ、、何をどう考えてもこの特約を大々的にピックして売り出してくるでしょうね。
えぇ、「画期的商品です!」とかいって。


さて、入院中の保険診療に関わる費用の自己負担分を備える保険というのは「他社にない」商品でしょうか?

軽く検索かけてみると、、普通に出てきますな。

 

>◆スーパー上乗せ健保_____________

http://www.aiu.co.jp/individual/product/medical/uwanose/super_plan.htm

はい、普通に「医療費自己負担に備える保険」は単独でありました。

以下、抜粋。
----------------------
治療費用保険金 1回の入院につき自己負担された費用を100万円 限度に補償!


●入院時の健康保険の自己負担分
  入院することにより負担された医療費の3割自己負担分をお支払いします。
※お支払い額は高額療養費、付加給付を差し引いた額となります。

●食事療養費
  入院中の食事療養費の自己負担分をお支払いします。

●差額ベッド代
  個室等に入院されたときの差額ベッド代につき、1日1万円を限度に自己負担された額をお支払いします。
※医師の指示、他の病室が空いていなかった等の「治療上の必要性」があった場合には、1万円を超えても自己負担となった額をお支払いします。

●先進医療費用
  入院し、先進医療を受けた場合、自己負担となった先進医療にかかる技術料をお支払いします。 ※ 先進医療の一覧は、厚生労働省のホームページでご覧になれます。
なお、自己負担となる先進医療の技術料は、実施医療機関によって異なります。

●入退院・転院時の交通費
  自己負担された入退院・転院時の交通費をお支払いします。
※タクシー等を利用されたときは領収書を基に、その他のときは公共交通機関を利用された場合の額をお支払いします。

●親族付添費
  体位変換や食事に介助を要するなど、別に定める病状・状態等に該当し、付添が必要だった期間中に親族が付添をされたとき、以下の費用をお支払いします。
親族付添費(1日につき4,100円)、交通費、寝具等の使用料

●ホームヘルパー雇入費用・親族の託児所預入費用
  家事従事者である被保険者(保険の対象となる方)が入院された等のときに、ホームヘルパーを雇入れた場合の費用または、同居の親族を託児所に預け入れられた場合の費用のいずれかをお支払いします。

●諸雑費
  諸雑費として入院1日つき1,100円をお支払いします。

入院給付金 1入院60日まで1日につき 3,000円 基本補償

病気やケガで1泊2日以上入院されたとき、入院初日から入院給付金をお支払いします。
(保険期間通算1,000日まで)


保険料:35歳男性で月2,900円(10年更新)

-------------------

普通に、「入院治療保障特約」の内容をモロ網羅してますね。



>◆特約だけで入るべきではない_________________

と、まるでAIUの回し者のような内容になってますが、いいたい事はそうではないです。

「特約のみで、保険に入るべきではない」

これがいいたいのですね。
えぇ、この特約の為だけに転換とかするのはホントナンセンスだぜ、と。
特約内容が欲しいなら、新規でAIUでも入ればいいよ、と。

軽く探しただけでAIUが出てきたのでピックしただけであり、恐らく他にも普通に存在するでしょう、この内容ものは。

とにかく、「医療費自己負担分を賄う単独保険がある」という事を覚えておいて下さい。

 

>◆素朴に明日のミカタはいい保険?_____________

いい保険なのか否か、は現段階では情報が少なくて分からんです。
が、「
転換してまで入る保険じゃない」のは確か。
間違っても転換はしないように。
(上記でも書きましたが、この特約が欲しいなら新規で入るべき)

では、全くの新規の人からみたらどうか?というと、、以下の条件次第です。

・終身医療+入院治療保障特約のみ、という設計は可か否か?
 ※定期を1000万以上付加しないといけない、等とかあるか否か
・入院治療保障特約の保険料がいくらか?
 ※既存の例えばAIUものと比べていくらの保険料か?
  (恐らくここらは大差ないとは思われるが、大差ないなら単独で加入していた方がいい)
・モデル販売しかしなくて、コンサル販売はするのか否か
 ※明治のHPに3450万の定期をのっけるとか訳分からん例があったのが、、怖いですね

>◆結論?_________________________

・単独で普通に出てるよ、自己負担支払う医療保険

これが全て。
わざわざこの特約だけの為に転換や他の生命保険からの見直しをするというのは頂けないです。(転換に関しては過去色々書いているので取りあえず略)

入院治療保障特約、いわゆる入院時自己負担支払い保険がいいか悪いか、という検証は今回はやめておきます。


しつこいようですが、

『転換はするべからず!』

これが全て。
特約ならLAに付加出来ないの?とも思えますが、それじゃ転換出来ないから当面は不可なんでしょうね(笑)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

な〜んてかいてみました。
出来れば「入院治療保障特約」の保険料や終身医療保険の保険料を調べて徹底的にやろうと思ったのですが、「一刻も早く、転換だけは避けさせるべき」という思いより、重要点のみピックしてupしてみました。

明治とか上手いですからね、、「特約だけをピックして保険を売る」事が。。

このページがきっかけで転換や契約を回避される人が1人でもいるならば、幸いです。

関連項目

診断の実際
L.A
転換の実際
生きるチカラ


戻る
TOP