保険販売という仕事



保険販売という仕事、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
生保レディ、保険のおばちゃん、保険屋etc...
いろいろな呼ばれ方をされてますね。

まぁ、、保険営業についていいイメージを持っている人はそういないとは思います。
嫌われる、友人なくす、犯罪に手を染める、生活が荒れるetc...
もしかしたらこんな事をいう知人もいるかも、ですね。

が、まっとうにやっていれば嫌われる事もなければ、人脈は広がっていきます。
万が一(ないに越したことないですが)の際には感謝されたり、なかなかどうして、やりがいのある仕事だったりします。
保険クリニック裏病棟のようなHP等作成しているので誤解される方も非常に多いですが、自分自身保険販売の仕事は本当に大好きでしたし、胸を張れる仕事だと思ってます。


仕事内容は、営業です。
基本、職域活動(許可貰ってる会社に出入りして、そこの社員達に営業する)と地区活動(ま、飛び込み)になります。
営業経験者がいいか?というと、正直あまり関係ないかも。
即決でトークを駆使して加入させる、というより、何度も足を運んで仲良くなって、という事が重要視されるので。

必要なスキルは特にないですが、敢えていうなら「度胸と根気、愛嬌」でしょうかね。

中にはそれなりに高学歴の方、営業経験ある方、FPの知識ある方とか、会社の方針・上司の指示に疑問符をもたれるかもしれません。
が、この業界においてはどんな人にも平等であり、新人は新人に過ぎず、過去の経歴は一切関係ありません。
まずは「会社の指示通り」「上司の指示通り」動くのが好ましいでしょう。

人によっては「何故皆平等なんだ、私は優秀なのに・・・」などと思われる方もいるかもしれません。
が、いくら優秀でごもっともな意見・考えがあったとしても、数字をとれなければなんら聞く耳持たれません。
数字をあげる人のみが評価される業界ですから。
文句あるなら、まず数字あげよ、というのが保険業界の鉄則です。

逆に、どんな人でも数字させあげれば平等に評価されるので、それが気に入りさえすればいい環境といえるでしょう。


次の項目に、大まかな年間行事を記してみました。
ま、、何かと酒を飲む機会とか多かったりします。
お酒好きな人にとっては問題ないでしょうが、お酒飲めない人は厳しいかも。
(別に強制で飲まされる云々はないものの、皆が酔っぱらっている時にシラフでいるのはきっついであろう)
(当然、飲めないで頑張っている人も普通にいるので、そこまで気にする必要はないでしょうけどね)



[目次へ][次へ][top]