辞めた後のために



在籍率の話で分かるように、「一生働き続ける」事は非常に困難。
2年以上継続する可能性すらあまり高くない、、そんな業界です。

数字が全てというシビアな世界なので、足を踏み入れる時は辞めた後の想定も考えておくといいでしょう。

ん?よくわからん、という人もいるでしょうから具体的に。

・友人・知人に無理な勧誘・販売はしない
 →これで人脈なくす人多いです
・私生活を大切に
 →案外、仕事にのめりこんで家庭をおろそかにして離婚とか、そんな人いたりします
・自爆しない
 →成績の為、無意味な保険に入る事。
・借金しない
 →生活が苦しくなるレベルの収入しか得られないようになったら辞めるべし


なお、転職に支障がない在籍年数は3年でしょう。
逆に1年未満での退社の場合、転職に不利になる可能性大です。
(ま、保険営業のみならず全ての仕事において短期退職は不利な材料になるのはいうまでもない)

出来れば3年、最低でも1年以上は頑張るつもりで。
ま、、ノイローゼとかどうしても無理〜という場合、その限りではないですけどね。

「国内生保で学ぶ事なんぞ、何もない」

こう仰る方もいるかもしれないですが、営業の基礎的部分は国内生保のが優れています。
ま、何事からも学ぶ事はある、ともいいますし。



[目次へ][次へ][top]