ベストは望まずベターを



ま、ある程度勉強していくと、自社商品がベストじゃない事に気付くでしょう。
○○生命の○○の商品のがいいじゃん、とか、望んだ設計出来ないじゃん、とか。

意外に思われるかもしれませんが、保険営業の仕事は「勉強した方が契約とりにくい」かもしれません。
無知なら何も考えず提案出来ますからね。

ただ、ベストを探していくとキリがなかったりします。

外資系の方が→複合代理店の方が→FPの方が→海外生保の方がetc...

お客さんは、必ずしもベストを望んではいなかったりします。
ベストじゃなくてもベターならOK、という人のがきっと多いでしょうし。

商品力で売っているのではなく、自分自身を売っているようなものですからね、保険営業は。

ま、、コーヒーを飲むのにドトールコーヒーじゃなく500円以上する喫茶店にいく人もいる、という例えは分かりやすいでしょうか。
(さらに安いだけなら缶コーヒーでもいいですし、インスタントコーヒーだっていいわけで。。)

「いや、私はやはりベターではなくベストを目指したい!」

と仰る方もいるでしょう。
別にそれはそれで素晴らしい事だと思います。
が、出来れば3年、最低でも1年は在籍しておく事をオススメします。

ま、常識で考えて貰えば分かると思いますが、どんな企業だろうが1年以内で辞めた人、快く思うでしょうか?
自分が面接官だったとしたら、、「おぉ、決断早いね」なんて評価はしません、悪印象はつくでしょう。
(これだけで門前払いの所すらきっとあるであろう)

また、商品力と営業は必ずしも一致しません。
商品力がよければ売れる、、という甘い世界ではありません。
(勘違いする人多いですが、現実はそんなもん)

将来的に他社へ移ると決心した場合でも、営業スキルを磨くという意味で暫く勉強しましょう。




[目次へ][次へ][top]