ノルマとか



ノルマ・・・保険営業のみならず、営業に携わっている人ならこの単語を耳にするだけで頭痛くなる人、きっと多いでしょう(笑)

このノルマの存在があるが為、多くの人はこの業界を去っていく訳で、、
逆にノルマさえなければホント好きな仕事なのに、、という人も多いのも事実。

ま、色々なとらえ方ありますが、分かりやすい例えとして「ノルマはテストみたいなものである」という解釈があります。
テストという存在がなかったらどうなるか?
恐らく、多くの人はががっと勉強する事なく、中途半端な知識のみ身につけるとかなるでしょうね。

資格の試験とかも、●%以上という基準があるから、それに向けてがんばれる訳で、なかったとしたら習得までの時間は数倍必要になるでしょう。

人というのはある程度の制限・目標があってはじめて行動を起こせる訳で、何もないとホントきっついです。

また、ノルマに対して叱咤激励する上司、この存在がなかったとしたら、、なおさら動きませんぜ。
これは、、ま、完全に1人になった際にはじめて実感出来る事かもしれないですが。


また、ノルマは最低限の収入を得る為に必要なものに過ぎません。
優績者になって月7件ノルマとかになったら、さすがにきっついでしょうが、月3件程度のノルマでヒーコラいっているようでは正直きっついでしょう。
(月3件レベルが最低ラインだと思う。それ以下だと、、ホント給料やっすいですから。。)
(この話は、ま、2年目以降の話。1年目は大目に見たとして)

営業の仕事は、ある程度の収益があってナンボです。
そこらのパートに毛が生えた程度の収入しか得られないようなら、他の仕事に移った方がマシでしょう。




[目次へ][次へ][top]