医療保険に関する検証〜手数料編〜



「医療保険、是非入りたいなぁ」

医療保険、掲示板でも一番といっていい程、この事についての問い合わせ多いです。
確かに、「入院したら」という「生きている間のリスク」という事で、死亡保障よりも身近に感じ、関心が高くなるという事は分かります。

が、果たして医療保険は「絶対に必須の保険」なのでしょうか?
以下、検証してみます。


◆医療保険を販売した場合の手数料◆

よく「医療が欲しいよ」なんて方、いますが、自分自身は全く「否定」していますね。
根拠、書いていきます。
まずは統計からみた数字〜ではなく…こんなお茶目な話を。

『医療保険を販売したら、どれくらいの手数料が入るか御存じですか?』

保険代理店(営業)の手数料。
正直…この話だけで「…医療保険(ガン保険含む)なんて入るのやめよ」と思うかもしれないです。
実際、この医療保険の手数料、どんなもんだと思いますか?
保険料自体、正直保険会社はどこも殆ど変わらない(ダイレクト系省く)ので、アリコを例にとって考えます。

『保険料の59%』

これが…代理店手数料です。
(10年更新、初年度。次年度は10%程度が10年続く)
はい、仮に保険料が5000円だとして、2950円が代理店に手数料として支払われているんですな。。

ついでに、他の保険種類の手数料も。

◆積立利率保証終身保険(IS終身)………保険料の59%
◆ガン保険………………………………………保険料の55%
◆定期保険………………………………………保険料の45%

(現在はパーセンテージが変わっているかと思いますので数字はあくまで目安です)

これだけのお金が、毎月代理店の手数料となります。
しかも、この数字は……「初級代理店の手数料」なんですね。
販売件数に応じて、ランクというのがあるのですが……上のランクになると、終身の手数料が70%超、さらにボーナス支給・何故か退職金まで出るようになるんですね。

はい、仕事…という事として見ると…実は案外オイシイ仕事だったりします、保険販売員。
何せ、自分自身最初に日生に就職をした際の志望動機は「営業で一番銭になるのは生保」というヨコシマな理由だったくらいですし(笑)
(ちなみに日生はもっと手数料は悪いですが…)

ただ、、、保険に加入する側から考えると……あまりにも頂けないデータではないかと思います。
はい、会社自体、「上記の手数料を営業に払ったとしても、経営が成り立つ」のですよね。
さらに…契約を取るが為に費用をかけてTVCM等流しても「経営が成り立つ」訳で。。
それを考えると…実質上は…「8〜9割は保険屋や会社に寄付している」となるでしょうね、保険加入者は。。。
ちなみに…年齢が若い人程、手数料が良くなる…そんな仕組みとなっています。

「低金利な世の中だから、老後の為に終身保険なんてどうでっか?」
「医療保険くらいは入らないと、入院した時大変でっせ」
「若いうちに入っておいた方がいいでっせ」

色々、不安げな事をいってくる保険営業……鵜のみに出来ますか?


「これは…アリコがアクドいだけちゃうの???」

という突っ込みもあるかもしれません。
が……会社が営業さんに利益を還元しないで会社がガッポリというだけで…他も同じでしょうね。。
理由は…日本にはびこる金融規制というものがあるから…なんですね。

「終身保険、●●円以下で販売してはダメでっせ」

こんな縛り、あったりするんですね。
よって……保険料は大体横並びとなっています、実際は。

……もう大体「何が正しいのか?」分かるのではないでしょうか?
元々、自分は医療保険不要論だったりします(笑)
その一番の理由が…上記の事です、はい。

……これで、如何に「医療保険(ガン保険)」自体がボッタくっているか、なんとなくでも理解できるでしょう。
自分は……この数字を見ただけで、絶対医療保険なんか入るものか!と強く心に決めました(笑)
はい、ダイレクト系が如何に安いといっても…半額以下…なんて事はないですよね。。

「営業経費をさっ引いた分、安くなっている」

確かに安くはなっているものの、それでも「なんらかの手数料をさっ引いている」というのは…計算すれば速効で分かるでしょう。

全ての考慮に〜とはいいませんが、こんな事実もある、という事も一つの考慮にいれると、ガラっと保険選びも変わってくる事でしょう。

少しでも参考になれば幸いです。


次へ><医学書><HOME