第一生命[順風人生]




正直記事にするまでもない気もしましたが、一応。
名前からして、堂堂人生の次にあたる新商品かと思いきや。。。


はい、第一生命のHPからそのまま画像引っ張ってきました。
これを見て「あれ?」と思う人もいるのでは?

「これって、単なる定期付き終身じゃん!!」

はい、堂堂人生以前に主流となっていた形ですね。
別に全く新しい形じゃありません、元に戻っただけ、と。

何故、今更この形の保険を?と一瞬思いましたが、、よく考えたら「堂堂人生の転換用」ですね。

ここ10年くらいの中で一番糞な保険は何?と聞かれたら、、ちょっと迷いますが自分は「堂堂人生」と答えるでしょう。

・生存給付金(今までの終身部分に当たる)は死亡保障の減額と同様の割合で下げられる
 →生存給付金(終身部分に該当)を維持したまま、定期を減額とか出来ない

はい、一番糞な部分です。
※詳しくは、堂堂人生の解説参照を。
最初の設計書にある「将来終身保険に移行」なんてのを出来る人はこの世に一体どれだけいるのか。。。
(そのまま更新しつづけていったら、とんでもない保険料になる) 

で、堂堂人生はそろそろ更新を迎える人、出てきてます。
そのまま継続、、となると「なんじゃこれ?」という保険料に。
でもって、人によっては「減額すら出来ない」なんて訳分からん事にすら。。

えぇ、将来的にクレームの嵐は想像するに難しくありません。

じゃぁ、どうするか?

「転換するしかないんじゃね?」

ですね。
で、心理的に「旧保険に転換」というのは難しいであろう、と。
(そうしてしまうと、堂堂人生が糞商品でした、と認める事になってしまう、と)

・・・そんな背景から、「まるで全く新しい保険であるかのように」順風人生が出てきた、と。
将来的には、堂堂人生は黒歴史として名を消そうとするのかもしれないですね。

>◆堂堂人生に加入している人は転換した方がいいの?◆

「いや、堂堂人生は糞だと分かったけど、んじゃこれに転換した方がいいの?」

素朴な疑問を抱く人もいるでしょう。
結論からいうと、、

「健康に問題がないのならば、転換しないでさっさと他会社で入り直した方が数倍マシ」

です。
堂堂人生をかけ続けていたら、、いずれ泣きを見る可能性高いですしね。
(更新時にそれははっきりと分かるでしょう。更新がまだ先の人は、更新時の保険料を確認してみましょう)

じゃぁ、転換はアリか?というと、、元の死亡保険金額・保険料の兼ね合いより「高額保障」になる可能性が非常に高いが為。。。
(死亡保障3000万の堂堂人生から1000万の順風人生とか不可)
(設計書作成自体でエラーとなって出来ない筈)

「まともにコンサルして入り直す方がまだマシ」

ですね。

>◆順風人生を新規加入はアリ?◆

「じゃぁ、新しく保険を入る際に順風人生はアリなの?」

と仰る方もいるかもしれません。
結論から書くと、、

「外資でも何でもいいから、他で設計して貰った方が数倍マシ」

です。
基本、商品自体は単なる「定期付き終身」であるが為、設計自体ではまともな内容になるかもしれないですが、、まともにコンサルし、設計するとお思いですか?

当然、中にはまともな生保職員もいる事は知っています。
が、残念ながら「大多数」ではなく「非常に少数」でしかありませんし。

また、お世辞にも保険料が安い、とはいえませんしね。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・ホント、「何年ぶりだよ!」というくらい久しぶりに商品解説書きましたが、、内容薄くてすいません。
って、別に書く事ないですもん(笑)。
(なんてことはない、単なる定期付き終身。堂堂人生の転換用のようなものですし。。)


関連項目

堂堂人生




戻る
TOP