●生命保険の適正金額●

 

「社会人だからもう保険に入らないと」
「結婚したら保険に加入しないといけないよねぇ」
「子供が産まれたのなら保険に入らないと」

様々な状況下でなにかと生命保険を勧められてきているのではないでしょうか?

「やはり◯◯したからもう保険に入らないといけないよねぇ」
「◯◯だから保障をもう少し大きくした方がいいよねぇ」

などと考え、保険に入ったり見直したりする人が非常に多いです。
がしかし、本当に必要な保険に入っている人は加入率の24%の人に過ぎないと言うデータがでています。
現に保険料が家計を圧迫しているという家庭を何件も見てきました。

 

そもそも保険ってなんでしょう?
何かあった時の金銭的不足を補うものではないでしょうか?
病気・死亡・老後etc...
全てカバーできますね。

では、もし貯蓄がたくさんある人の場合はどうでしょうか?
もし自分に5000万の貯蓄があったとしたら保険は加入しないでしょう。
そう、金銭にかかわるものなのです、保険は。

 

保険の必要保障額は一人一人違います。
家族状況・貯蓄・生活状況等一つ一つから死亡リスクを算出していくわけですから。
しかし、保険のおばちゃんがもってくる保険の提案書はどの人もほぼ同額の死亡保障です。
そして、大体の人が以下の死亡保障の保険に加入しているのが現状です。

必要保障額=3000〜5000万

死亡保障をこの金額で提示された人、多いかと思います。
なんか数学の公式みたいですね。

(x+y)(x+y)=x2+2xy+y2

中学校の数学の公式のひとつです。
なんでこの数値がでるかというかはうやむやで、ただ公式をたたき込む、日本教育からくるとこなんでしょう。

そして、ここに誤りの公式を入れ込んでいるのが国内生保の現状。

(x+y)3=x3+3xy+y3

みたいに。

 

計算のしかたが分からなかったら間違いだとは気付かないからそのまま理解してしまう。
上手いですね。
全てが誤りだったら気付くけど、正しいものの中に誤りが入れ込んであるのだからさらにタチが悪い。

ここまでの公式で頭がこんがらがっちゃう人、多いかと思います。
これが狙いの様な気がします。

『まぁよ〜わからんから任せるよ』

っていう具合に。
保険が理解されていないのは以上の様な理由ではないでしょうか?

 

次々に公式を押し付ける保険会社。
養老保険→終身保険→定期付終身→生前給付付定期付き終身・・・
最近では生活保障特約付きとか一時払終身移行型とかまででてきてまぁわけわからんぐらい複雑化してきてます。
お客のニーズ?いや、会社のニーズでしょうね。
相互扶助の考えの元やっているのか疑問です。

『保障は掛捨てで当然』

いつからこの公式ができてしまったのでしょう?

『保険はいっていたおかげで老後は満期金がはいってきて助かった』

今後聞くことができる会話ではないでしょう。
定期付き終身がはびこる国内では。

 


コラムへ
TOPへ