高額医療費融資制度



『入院費用が大変だ』

みなさんそう不安に思っている事かと思います。
が、健康保険によって以下のようになるんですね。

 

>◆医療費は2〜3割負担________________________

医療費は自己負担は2〜3割ですみます。
まぁここまでは常識ですね。
特にかくこともないです。

 

>◆月に対する自己負担上限額________________

自己負担で支払った医療費が同一月(1日〜末日)の場合、以下の形になります。

a)一般通常者… 63600円+(医療費-318000円)×1%

以上の時

b)上位所得者…121800円+(医療費-609000円)×1%


この場合は本人の申請により、高額療養費が支給され、自己負担が軽減されることになっています。
この高額療養費は病院の診療報酬請求書を審査した上で決定され支給されるため約3ヶ月後となります。

はい、まずここを知っているという人は半々でしょう。
そう、実は「そんなに思った程かからない」というのが実際です。
ただ注意したいのが「申請」した場合のみであり、教えて貰えないケースもありますので覚えておいて
下さい。

 

>◆高額医療費融資制度___________________________

ただ、『最初にお金がないとダメじゃないか、後で戻ってくるにしても』という方もいるでしょう。
しかし、日本は以外にいい国です。

こんな制度があります。

『高額医療費融資制度』

いずれ戻ってくると予想される金額分の8割を無利子で融資してもらえるという制度です。
家計負担の軽減を目的に1985年からある制度なんですね。

で、これの返済は『自動的に行われる為』後に自ら返済する必要はないです。
正直、使わない手はないですね。 

 

>◆どこでこの制度を申請するの?______________________

各県の社会保険協会です。
とりあえず代表のところをかいておきます。

社団法人全国社会保険協会連合会(略称 全社連)
tel(03)3445-0800(代表)

なお、病院にもこの制度のパンフがあったりしますのでよかったら見てみて下さい。

関連項目



戻る
TOP