死亡保障の基礎的な考え方



自己の診断にてよく使う話です。

では、どうぞ。


<死亡保障の基本的な考え方>

一番分かりやすい例として、定期保険にて話を進めていきます。

定期保険とはなんぞや?といいますと…なんてことはない「掛捨て保険」です。
例えば10年定期1000万というのがありましたら、

「10年以内に死亡したら1000万あげるね、死亡しなかったら?チャラだよ」

という事。

「え〜、掛捨て??なんか勿体無い…」

こうおっしゃるかもしれません。
が、、実は本来の保険は「掛捨て」なんですよね。
保険は、金融商品でいいますと、デリバティブ商品といえるんですね。
デリバティブ?何それ?といいますと…
これは例に例えた方がいいでしょう。

天候デリバティブという商品があります。
これは…簡単にいいますと、雨が1ヶ月の間に5日以上降ったらお金が掛け金の10倍でて、10日以上だったら20倍だよ、と。(滅茶苦茶大雑把ですが)
但し、4日以下だったら…掛け金はチャラね、というもの。

はい、、モロ「賭け」みたいな商品ですね。
一般の人にとっては…賭け以外何ものでもないです。
が…この商品の本来の対象は、「雨天になる事により売り上げに影響がある業種の人向け」なんですね。

例えば…出店をしている人は…雨になればそれだけ収入に影響が出てきますよね。
雨が多ければ…それこそ死活問題になる訳です。
はい、こういう人達にとって、この商品というのは「売り上げ損失補填の為の保険」という事になるんですね。

売り上げが例えば5日雨にて500万の損失が考えられるのなら、50万保険として払うよ、と。
普通に考えると、こうですよね。
当然、1000万とかかける事も可能ですが…これだと「商売をするよりオイシクなる」なんて意味不明な事になるので…こんな事をする人は…一切いませんな。

 

はい、生命保険も同じ事がいえます。
あくまでも保険とは「損失補填」の為のもの。
旦那が死亡した方がいい生活が送れる〜なんて…おかしな話ですよね(笑)

非常に大まかではありますが、この考え方が「生命保険設定の基礎的考え方」となります。

じゃぁ、何が分かっていないといけないか?
ざっくり書いていきます。

天 候デリバティブでも同じなのですが、「雨が振る事によって1000万の損失が出る」というデータが取れていてはじめて「1000万」という額が出て来ま す。はい…逆に「雨が振ったら…ん〜、多少損失はあるとは思うが、はっきりしないなぁ。。えぇい!3000万で設定してしまえ!」というのは…書くまでも なくアホンダラァの決め方ですね(笑)

という事は…まず必須となるのは、

・死亡した際、国や会社からいくら出るのか?
・旦那等死亡した際、いらなくなるお金は何か?

最低限、上記の点を知る必要がありますね。
具体的には、遺族年金、遺族厚生年金、母子家庭制度の事、会社からの弔慰金etc...
団信に加入されていた場合は以後のローン返済が不要になる、当然旦那の携帯・定期代・小遣い等旦那さんにかかったお金は一切不要になりますね。

正確に知る事ができれば、それだけ正確な保障を設定する事が可能となりますね。

まずは「保険は損失補填だよ」という事、覚えておいて下さいませ。


[目次へ][次へ][top]