明治生命[L.A]



この保険、爆発的に売れているのですが、本当にいい保険なのかというと、
実は『現段階でいえば、そんなにいい商品ではない』のです。
その理由についてかいていきたいと思います。

 

>◆何故売れているか?________________________

売れているというより『積極的に売っている』というのが現状です。
明治の人は全てまず『L.A』を積極的に勧めています。
なんでか?
なんのことはない、『給料体系』がいいからです。
そう、商品自体よりも『給料体系』において画期的というべき商品ですね。

 

>◆この保険に対する給料(奨励金)は?________________

国内生保の場合、従来は新規契約獲得後2年程度しか奨励金(手当て)をもら
えません。
が、このL.Aは『契約が続く限り』手当てがもらえるのです。
(保険部分に対して)

そりゃ、はりきって販売する筈ですよね〜。

 

>◆L.Aの特徴___________________________

保障内容の見直しが毎年自由にできる、という点です。
が、死亡保障を従来以上の額に増やすには再度健康診断を受けなければならな
い等、従来の保険となんらかわりません。

『毎年見直せる=見直し営業を繰り返し受ける』

こうもとれます。
特約の追加や保険の増額は営業職員の販売手数料の対象になりますからねぇ。

 

>◆貯蓄性は銀行程度_________________________

積立金部分のみが貯蓄部分であり、『特約保険料』は掛捨てとなります。
積立て部分の運用予定利率は2.1%とあり、一見貯蓄性が高いように見えます。(〜2001.3時点)

が!以下の表を見て下さい。

33歳男性の例です。
7000万の保険(転換一時金410104円)

年齢
毎回の保険料
特約保険料
積立金

33歳〜38歳

25000円

23472円

1528円

38歳〜43歳

25000円

22854円

2146円

43歳〜65歳

25000円

120円

24880円


※なお、43〜53歳の間も同額の保障とした場合、37468円となります。
 つまり、毎月62348円を払込まなければ以下の積立金にならない。
 更新しないという前提でかいてます、これは。

経過年数
保険年齢
毎月の積立金
積立金額
(予定利率2.1%)

一時金410104円

410104円

1年

34歳

1528円

430943円

5年

38歳

1528円

515546円

10年

43歳

2146円

661811円

20年

53歳

24880円

3814019円

32年

65歳

24880円

8033270円



計算してみると、実質的な運用利回り(複利)は『0.5〜1.0%弱』にしかなりません。
現在の銀行にくらべれば多少はいいですが、この程度の利回りは魅力を感じるには程遠い数字でしかないですね。

>◆結論_________________________

将来的にはわかりませんが、現状この保険に入るメリットは特にないですね。
特に『転換』によるきりかえは『ヒドい』の一言につきます。
この保険を勧められている人、よ〜く考え直してみてはどうでしょう?

『本当にこの保険でいいの?』

そう、この保険は『銀行なみの貯金少しと掛捨て定期が殆ど』の保険です。
画期的なのは『生保レディ』にとってのみ、なのですよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

な〜んてかいてみましたがいかがでしょう?
堂堂人生・L.Aは理解するのに時間がかかる商品に感じられますが、
『なんじゃこれ〜』とならない様、よく吟味してから加入を考えましょう。

関連項目

診断の実際


戻る
TOP