●生保レディ対策マニュアル         vol.04 00/10/16

たくみです。

案外メール頂きました。
ありがとうございます。
ひとつひとつ大事にネタにさせて頂きます。

今回は『生保レディ』の給料について。
これ、知ってるとなにかと生保レディとやり合う時有利にたてます。
頭の片隅にでも入れておいて下さい。

では、どーぞ!

※今回は過去に書いたものをリライトしたものですのであしからず。


◆営業職員の給料

基本的に基本給+手当てというシンプルな給料体系です。

年間48件だと基本給20万+手当て
年間36件だと基本給15万+手当て

こんな形で、基本給・手当ての歩合が変わってくるのです。
まぁ各位の年間ノルマというものがあり、現在の位のノルマを維持できなかったら位が落ち、逆にノルマ以上の成績なら上の位になるのです。

ex)年間36件ノルマの人
  ノルマ達成できなかった場合ランクが下になり、基本給・手当て共にダウンします。
  逆に次の上位ランクのノルマ達成の場合、共にアップします。

あと1件の為に大幅給料アップしたり、大幅ダウンしたりする事もあります。
(変な話、自己加入した方がトクな事もあったりする)
職選を決定する月、自己加入「自爆」が一番行われる時ですねぇ。
「あと3件足りないよぉ〜。友達に名前借りよっかなぁ〜」
なんていう会話もよく聞こえてきます。実際どうしてるか知りませんが。

*これは国内生保の例です。

まぁ、何処の会社にもあると思うけど、生保のノルマも並みじゃないです。

どの様なものかというと、件数と修Sの両方が課せられます。

○件数・・・一言で言うと販売した件数。
○修S・・・一言で言うと売り上げ高の事。

※修Sというのは基本的に死亡保障が大きい保険程高くなっている。
 掛捨て、いわば会社の主力商品ほど大きくなり、逆に貯蓄性の高いものは非常に小さい

EX)ふ◯家族3900万・・・・1.5件 修S1202万
   こども保険・・・・・・1.0件 修S 230万

※3500万以上で1.5件、5000万以上で2.0件カウントとなる。
 件数×修Sが給料の歩合となるのでこのカウントにも気をつかう。

よって、会社の主力商品が一番稼ぎやすいシステムとなっていて、必然的に死亡保障の大きい保険へと移行しやすいですね。
修Sに15〜80円のレートで掛けたものがいわゆる「販売手当」として基本給にプラスされるというのが基本です。
(1件なら15円、2件なら25円etc..)

ノルマが達成されないと叱咤はもちろんのこと、基本給カット等自分の給料にさえ響いてくるのです。
(基本給は15万前後なので売り上げを上げないときつい)

ノルマがきつくて自己加入(自爆という)や作成契約をして、結局やめていった人をどれだけ見てきただろうか....


◆営業職員のペナルティー(解約・減額)保険外交員に「最低2年は続けてね」と言われたことはないでしょうか?
「減額も2年目から」とよく耳にします。
ではそれ以前に解約、減額が出来ないかというと実はそうではないのです。
契約の約款によればそんなことは一言も書いてないです。
そう、いつでも出来るのである。

どうして保険外交員がそういうことを言うか、それは規定年数未満の解約、減額にはペナルティーがあるからなんです。

基本的に契約にあたる手当ては一括で貰えるのではなく、細かく何回かに分けて2〜5年出るのです。

このペナルティーは会社によって様々ですが、基本的に13ヶ月以内の解約、減額はかなり重いです。(下手するとマイナスになる)
その契約によって生じた手当ての返金はおろか、他の契約の継続手当てまでカットされるのです。

あと、半年未満解約・減額の場合始末書まで書かなければいけない。
もちろん上司からは怒られる、と非常に短期間解約・減額には会社が厳しいのです。(会社としても金融庁からチェックが入る)

これが保険外交員が「最低○年はやめないでね」という理由です。
はっきり言って短期の解約はお客様サイドにもいいとは言えません。
解約金も殆ど戻ってきませんし。
ただ、あまりにも話が違う内容だったりどうしても保険料が払えない事情になったときは上記のことを覚えていてください。

保険は決して安い買い物ではありません。
あとで「しまった!」と思わないように慎重に決めてください。

特に11月は「保険重大月」なので強引な営業をしてくる人も多いですから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

少しでも『へぇ〜』と思っていただけたら幸いです。

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ