●生保レディ対策マニュアル         vol.05 00/10/19

たくみです。

もうそろそろ『保険キャンペーン』が活発化してきます。
今回はそのキャンペーンについてかいていきます。

では、どーぞ!

※今回は過去に書いたものをリライトしたものですのであしからず。

 


◆保険キャンペーン(重大月・重要月)

>◆そもそも保険キャンペーンってなに??____

『来月は保険キャンペーンですのでよろしくお願いします』

このキャンペーンですとか重大月、重要月という言葉を聞いた事ある人多いかと思います。

でもいったいそれはなんなんでしょうか?
メリットはあるのでしょうか?

保険キャンペーンとは、いわば『販売教科月間』という事です。
この時期は、普段のノルマの倍やれと会社は生保レディに煽っているのです。

加入する条件がよくなるとかは一切ないです。

 

>◆キャンペーン月での生保レディのメリット___

このキャンペーン期間中には生保レディには倍のノルマがかけられますが、それなりの見返りがあるのです。
そうです、ただ『倍売れ〜!』といっても生保レディは動かないですから。

・懸賞金がかけられる。
 会社の主力商品を1件◯日までに販売したら3000円等。
 主力商品とは『定期付終身』の事です。

・施策がある。
 ◯件以上販売したら、ホテルのディナーパーティに出席できる
 さらに◯件以上販売したら『旅行』にいける
 ◯件以上ならば、賞金◯円など

・販売上位者は表彰される。
 何百人ものなかから壇上で表彰されるので名誉な事らしい

他にも様々なエサで生保レディははりきる人が多いのです。

 

>◆キャンペーン月のデメリット(お客様)___

では保険に入る側はどうでしょうか?
なんらかのメリットがあるかといえば、はっきりいってないです!
逆にデメリットを上げていきます。

・商品設計がいつも以上に雑
 『売りたい、売りたい』というのが先になって、いつも以上に設計が雑になる。

・強引・しつこい
 懸賞がかかっているので、いつも以上に『お願いします』としつこくいって
 きたり、強引になりがち。

・営業サイドの提案をされやすい
 死亡保障が◯万以上だと手当てがよくなるとかいう給料体系上、いつも以上に死亡保障を大きくもってこられる。

 『とりあえず大きな保障を持っていけ、お客が保障が大きいといったら小さくしていけばいいんだ。小さい死亡保障から大きくするのは不可能だからな』

 こんな指導を生保レディは受けています。
 ですから平気で『5000万、7000万』とかいう保障を持ってきます。

 

>◆結論___

はっきりいって、『キャンペーン月』なんていうのは会社の都合だけであってお客さんにはなんのメリットもありません。
中にはまともに販売する人もいるでしょうが、はっきりいって『マレ』と思っていただいて結構です。

保険は家の次に高い買い物です。
いろいろな物をもらったり、イベントなんかに誘われたりしたからといって義理で保険に入るのだけはやめて下さい。

保険は自分が納得してはじめてはいるものです。
よくいろいろ検討をしてみてください。

 

>◆あえてこのキャンペーン月に入るメリット___

あえてメリットをあげてみます。
この月は『診査』が甘くなりがちです。
通常の月では加入できなかったり、条件がついてしまう人でも『無条件』になるケースがあります。

今まで保険に条件がついてしまって保険加入を諦めていた人、一度試してみてもいいかもしれません。

当然、健康な人には全く関係ない話ですのであしからず。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

少しでも『へぇ〜』と思っていただけたら幸いです。

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ