●生保レディ対策マニュアル         vol006 00/10/25

たくみです。

ヒジョーにメールを頂きました。
やはり問題は『破たん』

ただ、確かに『破たん』は恐いですが、ある意味『大手』といわれる国内生保の商品ほど恐いことはありませんね。

『見直し、しませんか?』
『新しい保険に変えませんか?』

いわれた事、ないでしょうか?
今回は簡単に『契約転換』について述べていこうと思います。

では、どーぞ!


◆契約転換

>◆生保レディたちのセールストーク___

『もうそろそろ新しい保険に切り換えませんか?』
『新しい特約とか昔なかったいい保険が発売になっているんですよぉ』
『もうこの保険は◯月で更新を迎えます。これを機に保険を見直しませんか』
『たった◯◯円で最新型の特約がついた保険に変えられます!』

数をあげるとキリがないくらいですねぇ。
まぁ『生前給付(三大疾病や介護)』というのをおすというのが共通している事ですかね。

 

>◆生保レディの転換における手当て___

どっちかっていうと『件数稼ぎ』というのが大きいですね。
歩合自体はそんなに稼げないが(といっても子供保険等に比べればいい)件数は稼げる。

基本的に2年たてば『転換』できるので、普通に1件お客さんを探すより転換の方が取りやすいですから、かなりオイシイといえます。

特に明治のL.Aという商品は、毎年保険部分の所の手当てが毎年はいってくるというしくみなので、やっきになって明治の人は転換を勧めます。
(爆発的に売れた本当の理由は職員への手当てがいい為ともいえる)

 

>◆転換の意味___

そもそも転換ってなんでしょう?
一言でいってしまえば『現在ある契約を解約し、解約によって発生した解約金を新しい保険の頭金にいれる事』です。
車の下取りみたいなものですね。

一見、わずか◯円で新しい特約もついておトクな気がします。
ただ、大きな落とし穴が潜んでいるのです。

『今までためたお金はどうなるの??』

 

>◆定期付き終身___

そもそも、ほとんど皆さんが入られていると予想される『定期付き終身』の保険料の何割が『掛捨て』かご存じでしょうか?

たとえば保障が5000万の保険を上げます。
保険料が27290円となっていたとします。

細々といろいろ書いてありますが、『終身保険』『主契約』という部分に注目してください。

EX)終身保険150万・・・2125円

こうかいてあるのが分かるでしょうか?
そうです、このケースの場合、5000万の保障のうち、実に4850万がいわゆる『掛捨て』となっているのです。

27290円ー2125円=25165円が『掛捨て』なんです。

そう、払っている保険料の9割が『掛捨て』というわけなんですねぇ。

 

>◆予定利率___

予定利率って聞いた事はあるかと思いますがいったいなにかご存じでしょうか?
簡単にいうと、これが下がれば保険料が高くなるという事です。
ここでは終身のみに絞って話します。

H1年時点
終身保険1000万円・・・・月 7200円

H12現在
終身保険1000万円・・・・月14000円

 

同じ保険なのに保険料が倍近く変わっているのが分かると思います。
何故かといいますと、『予定利率』というものが変わっているからです。

 

H1は予定利率が5.5%でした。
現在は予定利率が2.0%。

予定利率が低いという事はそれだけ『保険料が上がる』という事なんです。
転換とは、『以前の利率のよかったものを解約させ、現在の利率の低いものに加入させる』というものなのです。

そうですねぇ、5年前に5万でプラチナの指輪をローンで買い、今回それを
下取りして銀の指輪を10万でローンで買ったのと同じと考えればいいです
かねぇ。
(って、ヒジョーにわかりにくい例でしたね)

 

>◆結論___

今入っている保険、一度みてみてください。
そして、見直しを受ける際、終身部分に注目してみてください。
自分の保険料のうち、何割が『掛捨て』になっていますか?
三大疾病など、ほとんど支払われる可能性ありませんよ。

そして一度掛捨て部分の保険料の累計を計算して見て下さい。
掛捨て部分が2万で10年払ったとしたら。。。

2万×12ヶ月×10年=240万

さらに更新後の保険料まで計算していくと・・・・

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ