●生保レディ対策マニュアル         vol007 00/11/01

たくみです。

今回は『生保レディ』の心理、行動パターンをかいていきます。
彼女達だけが悪いのでは有りません。
むしろ『犠牲者』かもしれません。

かといって、『可哀相だから1件入ってあげようかなぁ』な〜んて思わないで
下さい。
そんなつき合いで入る保険の内容はグチャグチャなケースが殆どです。
それに、そんな会社は『1日も早く』辞めた方がその人の為になりますし。

お金のムダ遣い、やめましょう。
会社に踊らされるのは、やめましょう。

では、どーぞ!


◆生保レディにかけられるプレッシャー

まず以下のメールを見て下さい。

>◆日●生命生保レディ(2年目)のメールより抜粋___________

まだ11月にもなってないのに、第2報の締め切りが終りました。
だから、私の頭の中ではとっくに11月なので、
実際の暦とずれてしまってます。

最近思うこと。
自分がだんだん会社に洗脳されてきているのではないか。と。
施策。ただで遊べるんだから、取れたらいいよね。
締め切り。今週までに入れなくっちゃ。
なぁんて思うようになった自分に気付いてしまいました。
‘今週までに’というのは、実は、新規自動車か生保入金がないと
『未稼動者研修会』に参加しなくちゃいけないからで、
せっかくとれたアポが取れたのが、其の日になってたのでね、
そんなモノの為にキャンセルしたくないじゃないですか。
(研修会をブッチできそうでもない様子だったので。)

友達もぞくぞく結婚していくし、なんかヤバイなぁ。。。
(など、あまり心にもないことを考えるより先に口から出てくる傾向が、もっと
ヤバイんです)
営業の人って、よくうまいことばっかり言うじゃないですか。
そんな風に自分がなってるんじゃないかと。
ま、いっか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以前からよく情報提供をして頂いている方からのメールの一部です。
ヒジョーに11月戦の状況が把握できる(?)内容でしたので抜粋してみました。

ある意味生保レディの人達は犠牲者なのかもしれません。
この11月という時期は、『キャンペーン月』という事で通常月の倍程のノル
マが課せられるのです。

 

>◆週に1度締めきりがある____________________


普通は毎月25日前後が締めきりとなるのですが、重大月は週に1度この締め
きりがあるのです。
ちなみに一件も契約をあげれない人は『未稼動者』といわれます。

別に25日までに契約をあげれば給料は全く変わらないのですが、『未稼動者
研修』などでさらしものにされたり、『早く契約とってこい!』みたいにどや
され、心理的プレッシャーをかけられたりします。

 

>◆朝の朝礼___________________________

 

毎朝、どこの会社でもある様に『朝礼』があります。
その中で成果発表、上司の叱咤等があります。

そして『今週(期日)までの追い込み数字』な〜んて事もいわれたりします。

『追い込み3件5235万』

な〜んて数字、見込みがあるわけでもないのにいわされたりします。
『わかりません』なんて答えたら『おまえ仕事ちゃんとやっとるんか!』など
と叱られる始末です。

契約なんてお客さんの都合もあるので『わかりません』というのが正論なんで
すけどね。

 

>◆見込客_____________________________

 

11月は見込客100人なんていわれます。
会社によって違いますが、『見込客表』みたいなものをちゃんと100人かい
て提出、な〜んてのもある所はあります。

当然、そんなに『今月はいってくれる見込』客がいるわけありません。
『一度しか面識のない人』『既契約者リスト』のまだ面談できていない人の名
前まで『見込客』にしたてあげられてしまいます。

ちなみに『保険の見直ししませんか?』というトークには騙されないで下さい。
何人か見ましたが、全て『そんな損する商品なんて、ふざけてる!』とおっし
ゃっていました。

 

>◆追い込み、プレッシャー、その後_________________

 

どうしても契約がとれない時、あります。
人間相手の営業ですからねぇ。
それでも会社は容赦なくプレッシャーを掛けてきます。

『未稼動』『ノルマ未満』

これらの人には鬼のような叱咤が待っています。
叱咤を受ける、ヒジョーに大きなプレッシャーとなって生保レディを襲います。

締めきり間近になると、ホント必死です。
友人・知り合い・親族・お客さんetc...
これでもか!というくらい『お願いします!』と食い下がります。
そう、あの叱咤を受けたくないが為に。。。

そんな努力も空しく、契約が取れない場合は最終手段に出たりする事もあります。

 

>◆初回保険料立替え、自爆、作成契約_________________

 

怒られるというプレッシャーは相当なものです。
それを受けたくない為に最終手段をとるケースもあったりします。
※当然、違反行為であり、生保レディにとってなんの得にもならない事ですが。

・初回保険料立替え(サービス)
 まぁ初めの保険料をサービスするぐらいは序の口です。
 案外これをした事ある人、多いでしょう。

・自爆
 自ら保険に加入する事です。
 中には何億も、何件も同じ保険に入っている人もいるくらいです。
 そう、自分の保険でも『1件』なのです!

・作成契約
 読んで時のごとく、架空の契約です。
 名前を借りて、自ら保険料を払うという不思議な事をする人もいたりします。

 

いずれも、『怒られたくない』『なんとなく恥』という思いでその場凌ぎの自
ら首を絞めている人もいるのです。
が、そうさせたのは『会社』ともいえます。
けど実行するのは『セールスレディ』。
罰をうけるのは『セールスレディ』。
会社は『無傷』。

ん〜、なんかやるせないですね。

 

>◆結論_____________________________

 

今回は『会社からかけられるプレッシャー』についてかきました。
当然、これは『国内生保』の例になります。

そうそう、保険販売の為の研修がどーなっているか知っていますか?
かる〜く自社主力商品(定期付終身)の研修をするぐらいなもんです。
保険知識の研修なんて殆どありません。

『とりあえず気合いで売ってこい!』

これが国内生保の基本です。
コンサルティング?
そんなの期待できません。
だって、勉強したら自社主力商品が売れなくなってしまうのですから。。。

もちろん、『うちの営業所は違う』『自分は違う!』という人もいるでしょう。

が、『大多数』は当てはまります。
そう、今日明日にでもくる生保レディたちも・・・

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ