●生保レディ対策マニュアル         vol009 00/11/07

たくみです。
今回は明治のL.Aについて。
現在勧められている人、是非参考に!

では、どーぞ!
(これは大きな声では言えない生保会社の裏事情で既に配送したものです。
 もしそちらをよんでいる人、すいません、同じですよ〜)

 

___もくじ_________________________________ 00/11/07 __

☆ 明治生命のL.Aについて 
☆ 読者からの投稿 〜契約見直しにビックリ!〜   


☆明●生命のL.Aについて

この保険、爆発的に売れているのですが、本当にいい保険なのかというと、
実は『現段階でいえば、そんなにいい商品ではない』のです。

 

>◆何故売れているか?________________________

 

売れているというより『積極的に売っている』というのが現状です。
明治の人は全てまず『L.A』を積極的に勧めています。
なんでか?
なんのことはない、『給料体系』がいいからです。
そう、商品自体よりも『給料体系』において画期的というべき商品ですね。

 

>◆この保険に対する給料(奨励金)は?________________

 

国内生保の場合、従来は新規契約獲得後2年程度しか奨励金(手当て)をもら
えません。

が、このL.Aは『契約が続く限り』手当てがもらえるのです。
(保険部分に対して)

そりゃ、はりきって販売する筈ですよね〜。

 

>◆L.Aの特徴___________________________

 

保障内容の見直しが毎年自由にできる、という点です。
が、死亡保障を従来以上の額に増やすには再度健康診断を受けなければならな
い等、従来の保険となんらかわりません。

毎年見直せる=見直し営業を繰り返し受ける

こうもとれます。
特約の追加や保険の増額は営業職員の販売手数料の対象になりますからねぇ。

 

>◆貯蓄性は銀行程度_________________________

 

積立金部分のみが貯蓄部分であり、『特約保険料』は掛捨てとなります。
積立て部分の運用予定利率は2.1%とあり、一見貯蓄性が高いように見えます。

が!以下の表を見て下さい。
33歳男性の例です。
7000万の保険

年齢
毎回の保険料
特約保険料
積立金

33歳〜38歳
38歳〜43歳
43歳〜65歳

25000円
25000円
25000円

23472円
22854円
  120円

 1528円
 2146円
24880円



※なお、43〜53歳の間も同額の保障とした場合、37468円となります。
 つまり、毎月62348円を払込まなければ以下の積立金にならない。
 更新しないという前提でかいてます、これは。

 

経過年数
保険年齢
毎月の積立金
積立金額(予定利率2.1%)

一時金410104円
 410104円
 1年
34歳
 1528円
 430943円
 5年
38歳
 1528円
 515546円
10年
43歳
 2146円
 661811円
20年
53歳
24880円
3814019円
32年
65歳
24880円
8033270円

実質的な運用利回り(複利)は『0.5〜1.0%弱』にしかなりません。
現在の銀行にくらべれば多少はいいですが、この程度の利回りは魅力を感じるに
は程遠い数字でしかないですね。

 

 

>◆結論___________________________

 

将来的にはわかりませんが、現状この保険に入るメリットは特にないですね。
特に『転換』によるきりかえは『ヒドい』の一言につきます。
この保険を勧められている人、よ〜く考え直してみてはどうでしょう?

『本当にこの保険でいいの?』

そう、この保険は『銀行なみの貯金少しと掛捨て定期が殆ど』の保険です。
画期的なのは『生保レディ』にとってのみ、なのですよ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

な〜んてかいてみましたがいかがでしょう?
堂々人生・L.Aは理解するのに時間がかかる商品に感じられますが、
『なんじゃこれ〜』とならない様、よく吟味してから加入を考えましょう。

 


 ☆読者からのメール 〜解約について〜

 

初めまして、たくみさん。メルマガの生保レディ対策マニュアルを読ませてい
ただきました。とても共感できる内容で、うれしいです。私も現在の国内生保
のやり方に非常な不信感と怒りを持っている者です。

私は現在35才の男です。現在、自分と家内の生命保険、子供2人の学資保
険、自分の個人年金など、第一生命、日本生命、明治生命とつきあいがあります。

 この中で自分の入っている生命保険の掛け替えを頻繁に勧められています。
(ねらわれていると言った方が適切かもしれません。)
この保険は平成元年に母親が知り合いの第一生命のセールスレディから勧めら
れ入った保険です。(実際は「いい商品ができた」と言われ、その2年前に
入っていた保険を変えたものです。もちろん保険料も上がりました。)
 今現在、母親の知り合いの生保レディは亡くなられたので、別の方が担当と
称してたまに現れます。

 もってくるものが今はやりの3大疾病を売り物にしたものですが、「いい商
品がでました。」「あなたにピッタリだと思います。」などと言って今の保険
から変えようとしています。
 自分にとって今の保険で十分だと思っているのですが、顔見知りになった担
当者の立場になると、たいしてデメリットがなければ新しい保険に変えてやっ
ても良いかな?と考えていました。

 そして、保険内容を検討してみました。(担当者は新商品は今の時代にあっ
たすばらしい商品であることしか言わないので、更新時の予定保険料などパン
フレットでは分からないことは第一生命の本社に直接電話をして聞きまし
た。)その結果、デメリットの大きさにビックリしました。

 今現在月3万円弱の保険料ですが、死亡保障や入院給付金などを同じにする
と4万円以上になります。また今のは20年更新で次回の更新以降の予定保険
料が6万円弱なのに、新しい方は10年更新で次回が8万以上になるのです。
おまけに今の保険は配当も出ていて配当金の金利も4%ついています。
 「経済的に負担になるばかりなので、変える気はない」と告げると、翌日に
は現在と同じ額くらいになるプランを持ってきます。それを見てみると保証は
半分くらいに減り、配当も不明、しかも、11年以上かけた今の保険を下取り
にしてのプランです。

 私はあきれて物が言えませんでした。
 いくら会社の命令で新商品を売り込む必要があっても、顧客にとってデメ
リットしかない商品に鞍替えさせようとする担当者に怒りすら感じます。
 (支部長まで同行してきたりしましたので、そのセールスレディ個人の仕業
ではありません。)

 会社の利益と自分の成績だけを追求し、お客の立場に立たない国内生保の将
来が危ういと感じました。(お客の立場どころか詐欺まがいです。)

詐欺まがいは生保の方々に失礼かもしれませんが、実際はデメリットになるも
のをさもメリットになるかのように勧めるやり方に対して、率直に感じた個人
的意見です。

最後になりましたが、これからの世の中は自己責任の時代だと強く感じていま
す。そのためには、我々消費者は保険や保険会社のことをもっと知らなければ
なりません。
 そういう意味で、たくみさんの生保対策マニュアルをこれからも楽しみにし
ています。がんばってください。

                  ハンドルネーム どびん より。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

基本的に『転換』はまず損します。
とびんさんの様に事前に気付けば『なんじゃこりゃ〜』と回避できるのです
が、殆どの場合、目先の値段に目をとられて契約してしまうというのが現状
でしょうね。

少なくともこれを読んでいるみなさんだけでも賢くなっていって欲しいものです。

『生保レディのもってくる商品はまず疑る』

これくらい慎重でちょうどいいぐらいですよ。

では。

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ