●生保レディ対策マニュアル         vol010 00/11/10

たくみです。

今回は日本生命『ふれ愛』&『ニッセイ口座』について。
現在勧められている人、是非参考に!

では、どーぞ!
(これは大きな声では言えない生保会社の裏事情で既に配送したものです。
 もしそちらをよんでいる人、すいません、同じですよ〜)

___もくじ_________________________________ 00/11/10 __

☆ 日本生命『ふれ愛』&『ニッセイ口座』について 
☆ 読者からの投稿 〜保険屋さんより〜   

H_E_A_D___L_I_N_E_______________________________

 


☆日本生命『ふれ愛家族』

 

いわずとしれた日生の主力商品、『定期付き終身』です。
代表的なモデルパターンをかいていきます。

 

>◆基本パターン_____________________

基本パターンです。

基本的に30年払込み15年更新
死亡保障1500万+240万×10年(計3900万)

定期保険・・・500万
終身保険・・・100万
生活保障・・・240万×10年
三大疾病・・・500万
疾病障害・・・500万
_________________
災害特約・・・500万
障害特約・・・500万
入院特約・・・5000円
成人病特約・・5000円
介護保障特約・60万(120万)
特定損傷・・・1回につき5万
通院特約・・・3000円

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最近宣伝不足によりパワーダウンの気がするが、定期付終身のこの商品が主力です。
4つの生前給付と死亡保障を兼ね備えた保険と豪語しています。

●●●デメリット●●●

・生前給付なんて実はどれも出ない!
 (詳しくはメルマガに書いています。HPを参照してください)

・生活保障特約の部分は解約できない。
 ※別にこのタイプにする意味あいが全くない。(普通の定期保険で可能)

・このタイプの保険でまともにコンサルティングされているケースはほとんどない。
 単なるモデルケース販売ですので、無駄が多い!

・入院特約のお金が終身払込み終了時に一括(年払いも可だが)である。
 老後にそんな金あるでしょうか?

・このタイプは2000万以上ではないと販売できない。

・当然ですが、殆ど掛捨てです。

 

>◆販売戦略___________

 

1に『ふれ愛』2に『ふれ愛』、3・4がなくて5に『損保』。

ホント、どんな人にも『ふれ愛』を勧めます。
独身だろうが、女性であろうが。

それもその筈、この保険は他の商品にくらべ、手当てがいいですからね。

基本は3500万以上。
そうする事によって『1.5件』カウントになりますから。
場合によっては5000万以上なんてのも。
『2件』カウントになりますからねぇ。

※毎月、とった件数により手数料がかわってくる。
 ノルマが3件の人は、3人から保険とるよりも2人で1.5件×2の方が
 当然ラク。

 


☆日本生命『ニッセイ口座』

『保険をまとめると安くなるよ』
『損保もまとめて面倒みますよ』

そんなんが売りです。
今後は投資信託やカードローンなんかやっていくんでしょうね。

ちょっとした事、かいていきます。


>◆安くなるのは掛捨てだけ!____________________

 

『最大27%』安くなる、っていうのがウリ文句。
が、実際安くなるのは以下の通り。

・新規加入である。
・定期付終身(掛捨てが主)である。

この2つを満たさないと当てはまりません。
なお、終身保険や年金も安くなりますが、雀の涙程度(百円単位)です。

今までの保険を見直してまで新規に保険に入る事は当然論外です。

保険料が安くなる(掛捨て)=それだけ死亡する確率が低い

こう認識した方がいいですね。

 

>◆ニッセイ口座のメリット_____________________

 

逆にきいてみてください。

『このカード作ってなにか目にみえるメリットあるの?』と。

契約貸付が簡単に出来るようになる、なんていうのはメリットではありませんよ。
現段階ではメリットないですので。

『ニッセイ口座に入りませんか』

などといわれても入る必要はないですね。

そうそう、これ『銀行』ではないので勘違いしないでくださいね。
日生は『銀行はやらん!』と断言してますし。

 

>◆結論______________________________

 

なんていっても業界NO1。
一番セールスをうける可能性が高い会社です。
が!
大きい会社だからといって、いい商品を販売しているという事だけは思わな
いでください。

安くもないですし、内容も一つ覚えの『定期付終身』ばかりです。
間違っても即決で入らないようにしてください。

家の次に高いもの、生命保険なんですからね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さすがに詳しいですよ、ここは。
長年やってましたから、ここで。

去年あたりから、かなり職員の給料を下げましたが、みんななんとも思わない
のでしょうか?

『割り引きでお客さんに還元』
『不景気だから給料下がって当たり前』

な〜んて思ってるんですかねぇ。
じゃぁ、なんで大阪に自社ビルがたつんでしょう?

少なくとも自分は『ん〜???』と思いましたが。

そういや、4月から新商品がでるみたいですが、思いっきり明治の『L.A』
のパクリっぽいらしいです。



 ☆読者からのメール 〜保険屋さんより〜

こんにちは、いつも楽しく読ませていただいております。
わたくし、この日本の腐りきった保険業界を根本的に治そうと、日夜楽しくお
仕事をしております、保険屋です。

本当に情けないことで、最近お客様からご相談をうけた内容で、ご報告してお
きます。
、、、ご存知かもしれませんが・・・その節はご容赦ください。

「協栄生命のその後」について

最近破綻しました協栄生命ですが、お客様から解約したいのですが、できます
か?とか、掛け金の払込をやめたいのですが出来ますか?とかよくご相談があ
ります。
ご存知の通り解約はできません。そこまではわかりきったことですが、掛け金
の払い込みを止める件が問題です。

個人契約の場合は銀行の口座振替をとめて、APLを止めてしまえば約2ヶ月後に
は失効し、掛け金の支払い義務はなくなります。あとは破綻処理後に解約して
しまえばそれで縁をきることができますが、これが団体契約の場合が問題なのです。

弘済会とか自衛隊の組合みたいなものが契約者の場合、上記のような手続きは
一切出来ないようです。
ならば、団体を脱退したら・・・これもだめみたいです。
個人の意思で契約し、掛け金も自分自身で支払っている、にもかかわらず失効
に持っていけないんです。
しかるに、将来解約するにもかかわらず、本人の意思とはうらはらに、貴重な
給料から、強制的に引き落とされていくわけです。まあ契約者が契約において
絶対的な権限がありますが・・・
これって変!ですよね。掛け金を契約者が全額支払っているならいざしらず、
被保険者が払っているわけですから、入ってしまえばもう最後、どうにもなり
ませんなんて。

生保協会にお聞きしましたら、協栄生命の本社のほうから、団体のお客様からA
PL 止めや、掛け金の払いこみのストップの問い合わせがあったら、一切出来ま
せんと答えてください、とお達しがあったようです。

もうすこし、考えてほしいですよねー。会社の落ち度が100%あるわけで、
破綻の責任はお客さまには一切ないわけなのに、しわ寄せはすべてお客様に来ます。

現在の、国内生保の多くはいまだにわかっておりません。
顧客無視の30年前の営業をいまだにつづけていれば、結果は目にみえています。
私は本当に心配しております。早くなんとかしないと・・・
いただきません!なんて言っている場合ではないのです。

私は基本的に、現在国内で販売されている大手生保の保険商品は「保険」では
ないと言いきります。保険の格好をした「詐欺まがいもの」であり、排除すべ
きです。

わたくしは、この腐りきった保険業界を改革いたしますから、ご期待くださいまし。
「天下統一じゃ〜」とかいってましたね。。。
わたくしが、お客様の為に天下統一をいたしますぞっ。まかしてくださいな。

応援します。私は基本的に誹謗中傷はキライです。しかし本当のことを言った
までです。なんとかしましよう。

おちからになりますぞいっ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

とまぁ、保険屋さんからメールを頂きました。
この『保険屋』という言葉、実は自分好きだったりするんですよね。

きっと国内生保に誇りをもって仕事をしている生保レディがみたら怒りまくる
文章ですねぇ。

保険の格好をした「詐欺まがいもの」

そうとられてもしょうがないでしょうね。

が!
『予定利率の変動』が法律で認可されれば、今までの事がバカらしくなるくら
いとんでもない事態になるでしょう。

『年120万もらえる年金』という契約があったとします。
昔加入したものなので、利率がいいからかけていたとします。
これが『ごめん、やっぱそんなに払えないから年60にして』というのが法律
で今、決定しようとしているのです。
(これ以上の破たんを防止する為との事)

この事によって、何が起こるか?
生命保険における信用度がガタ落ちになるでしょう。
だって、『老後の為』とかけた保険が『ごめん、やっぱこんなに払えないから
半額(等)に下げるよ』な〜んてことになってしまうのですから。

 

長年、顧客から金をむしり取ってきた国内生保の数々。
これらを『保護』(破たんを防ぐ)する必要性、どこにあるんでしょう?

中国の保険市場みたく、上位全てが外国生保。
こうなってもいいと思うのは自分だけでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

少しでも『へぇ〜』と思っていただけたら幸いです。

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ