●生保レディ対策マニュアル         vol011 00/11/11

たくみです。

一通の資料を頂きました。
どこでもやっている事なんでしょうけど、『主力商品に対する奨励金施策』で
すね〜。

何故、この保険を持ってくるのか?
理由は案外『施策がかかってるから』っていう事もあるんではないでしょうか?

今回は『第一の資料から』です。
こんなもんです、実際は。

 

___もくじ___________________________________ 00/11/11 __

☆ 施策について 〜第一の奨励金の実体〜   

H_E_A_D___L_I_N_E___________________________________

 


☆施策について

堂々人生が◯◯件売れた、とか『これは業界初でいい商品』な〜んて事によっ
て売れていますね。
『なんでこれじゃなきゃいけないの?』
な〜んて思ったこと、ないですか?

実は懸賞がかけられてたりするんです。

 

>◆第一の件数奨励金________________________

 

・換算件数1件以上の「ハイバリュープラン」(「保険料払込免除特約」)を
 付加した新契)を獲得した場合、新契約高(※)に応じ、以下の様に3000円
 〜1000円を支給。

3000万以上・・・3000円
2000万以上・・・2000円
2000万未満・・・1000円

さらに・・・

・新契約同時に「ドリームパッケージサービス申込書」を取り付けた場合で
 「合算総保険金額」(※)が5000万以上となる契約についてはさらに
 3000円を加算!!

※Sの判定に養老・ファミリー特約は含まない。

例)夫婦で以下の様に新規で保険にいれたら11000円支給。

夫3000万、妻2000万
(但し、養老などは合算されない)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

11月 個人施策

8〜11月で会社が定めた基準をクリアした場合、パーティ・旅行へ招待。

>>特別加算<<

8〜11月に新人を入れた人には基準の数字に1人につき1億を加算。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

11月の行事(抜粋)

10/25・・・・某ホテルで成果発表会
11/07・・・・某ホテルで中間時点で優秀な成績を収めた人のパーティ
         (1人あたり0.5〜1万程度の料理)
11/25・・・・11月で優秀な成績を収めた人のパーティ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ざっとこ〜んな感じです。
施策・パーティ・旅行に参加する為、頑張る人もいるんですよ。

5000万にこだわったりするのは、こういう『裏』があったりするんですね〜。

ちょっと単語を解説していきます。

※のところはどういう意味かというと、『貯蓄商品は奨励金でないよ、まぁ
掛捨てのものにしか施策ださないからね』という風です。

ドリームパッケージとは、まぁ一言でいえば『保険をまとめましょうよ』み
たいなもの。
当然、そんなたいした事ない。
詳しくは以下。

http://dream-kingdom.com/kikeiyaku/dorikin/001.html

 

新人獲得とは、『第一で働く人を探してきたら』という意味です。
そう、人を一人雇う事で『本人・親や兄弟、親戚・友達』等の契約が見込め
るわけですから、会社としてはヒジョーにおいしいわけですね〜。

 

>◆どこの国内生保でも同じ_____________________

 

今回は第一の事、かきましたが、国内はどこも同じような事やってます。
11月とかは特に、ね。

 

>◆ホントにこれでいいの???___________________

 

ざっと、こんな懸賞がかけられていたりするんです。
で、この懸賞欲しさに職員が必死になる。
なんかね〜って思いません?

ホテルでのパーティ、施策、奨励金。。。
この様なものがある限り、まっとうな販売が行われる事はないでしょう。
こんだけお金を使っておいて『いや、いい保険ですよ』等とは到底思えないですね。

『こういう事ができる=そんだけ会社が儲かる』

こういう図式、出来上がると思います。

あなたの保険、大丈夫ですか?
本当にその保険でいいのですか?

 

投稿でもあったように、国内生保は『サギ』みたいな商品、多いです。
現に、何人かの診断の結果、『いや、やっぱりこの保険はいい保険だったよ』
な〜んていう人、一人もいませんでした。

『今まで、なんだったんですかねぇ???』
『これじゃ、サギ同然じゃないですか!』
『担当の人、いい人だったのに・・・』

こんな意見ばっかです。

 

>◆保険の入り方__________________________

 

一概に全て『悪い』とはいいません。
が!
最低でも『理解』して加入しましょう。

・これはどれだけが掛捨てなのか?
・この特約は本当に自分に必要なのか?
・こんなに死亡保障はホントにいるのか?

疑って、疑いまくって丁度いいくらいです。
保険は高い買い物です。
人柄で入るものではありません。
必要性で入るものです。

 

三大疾病は事実上でません。
支給条件が厳しすぎるので。
よって、ハイバリュープランは事実上無意味。
病気による障害は確率が低いですし、その時は国から障害者認定をうけるの
で、ペースメーカーなどの器具は無料になります。
介護は国の介護認定と方法が違い、現段階では『高度障害』と同じくらいの
条件にならないと出ません。

入院給付は60〜65歳の払込み終了時に一括で50〜100万を払わない
とそれ以降の入院保障はなくなります。
(一部年払いで可能だが)

更新、しなくてもいいんです。
転換なんて、もってのほか。
損するだけ。

最低、以上の事は覚えておいて下さい。
ホント、おばちゃんたちの『過剰トーク』は違法にならないのかなぁ、と思
う今日このごろです。

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ