●生保レディ対策マニュアル         vol020 00/12/13


たくみです。

実は原稿をかくのは約2週間ぶりになります。
体調を崩して寝込んでいました。
そう、今までのはすべて「予約配送」だったんです。
いわゆるテレビでいう「録画」というやつですね。

そういえば、今日の新聞で「東京海上」より「ストーカー保険」みたいな保険
が発売になるとの事です。
需要、案外あるのかもしれませんね。
けど、現在ストーカー被害にあっている人は入れるのでしょうか?
以後、要望が有れば情報が入り次第メルマガに書いていこうと思います。

 

今日は問い合わせでヒジョーに多かった「解約」「減額」についてかいていきます。

 

___もくじ_____________________________ 00/12/13 __

☆ 「解約」「減額」について
☆ 読者の声 〜生保レディへの勧誘について〜


☆「解約」「減額」について

ご存じの通り(?)現在保険診断サービスをやっているのですが、殆どの方が
手続きはどうしたらいいの?、営業の人にやってもらうの?、と聞いてきます。
その返事は「お客様サービスセンターにいって直接やった方がいいですよ」と
しています。

確かに営業の人に頼めばラクです。
が、すぐにやってもらえないのが現状です。
その理由を書いていきます。

 

>◆「減額」「解約」は給料が出ない__________________

極端な話、契約をとる以外はお金が一切でないのです。
よって、減額・解約の手続きはある意味「ボランティア」ともいえます。
交通費、郵便代も一切でません。
どうしても契約をとる動きが優先になってしまい、これら「保全」という活動
は遅れがちになってしまうのです。

 

>◆自分でとった契約なら、給料控除も!________________

もしも「減額」「解約」する契約が自分の取扱った契約で13ヶ月未満だった
場合は給料の控除があります。
国内生保の場合、最初に手当てをぼんっともらう形ですので後から貰った手当
てをマイナスされる事になるんです。

元々貰ったお金だから返すのは当たり前と思われるかもしれませんが、ここら
へんは借金と同じ考えですね。

解約や減額の防止の理由は、ほとんどこの事が原因です、はい。

 

>◆減額・解約があった人からは今後契約がとれない___________

自分でとった統計です。
まず解約・減額をした人から新規の契約は望めないです。
減額・解約の理由は大体以下の通りでしょう。

・保険料を払うのがキツくなった。
・他社へ入り直す。
・担当にムカついた。

保険料がキツくなったという人はしょうがないとして、他の2つはなんとかな
ると判断します。
そう、殆どの人がよく保険を理解していないのでいくらでもいいくるめる事が
できるのです。
今までで「減額」「解約」を考えたけど、保険のおばちゃんにが〜っといわれ
て結局続けている人、案外いるのではないでしょうか?

 

『自分のライフプランより、必要保障額がもういらなくなったから』

こんな理由で解約・減額をする人は全くといっていい程ないです。
(本来こうあるべきなのですが・・・)

 

>◆お客様サービスセンターにて____________________

『担当の◯◯には話しされましたか?』

必ずこう聞いてくるでしょう。
手続きをとる理由も聞いてきます。
ちょっとでも曖昧な態度をとると「じゃぁ、直接担当の◯◯にいかせますので
今日は帰って下さい」となってしまうので注意!

一応、窓口の人も会社の人間なので多少は防止しようとしますが、おばちゃん
よりず〜っとやりやすいです。
そう、窓口の人は別に解約・減額しても全く給料に響かないからです。

『金がないから◯◯するんだ、時間ないからはやくして!!!』

こういうキゼンとした態度をとれば、ものの30分で手続きが終わります。

 

>◆対生保レディ___________________________

ただ、なかなか直接窓口にいけない人や、生保レディが来る事になってしまう
という事もあるかもしれません。

そこで、有効な理由をあげます。
先ほども触れましたが、『お金がキツくなったから!』というのが一番有効です。

『いやぁ、実はもう案外カードも切っててその支払いもキツいんですよぉ』

こんな風にでっちあげてもいいでしょう。
さすがにお金がない人はどうしようも出来ないですので。

 

>◆結論_______________________________

・他社に切り替える場合は素直に言わない方がいい
・なるべく手続きは窓口で直接する
・理由は「お金がないから」が一番いい

こんなとこでしょうか?
あと、よく「生保の人がマイナスになったら可哀相だから・・・」なんていう
事をいう心優しい人もいますが、特に営業の人のマイナスは考えなくていいです。
そう、マイナスになる程短期での解約・減額を考える商品を販売した方こそ、
どうかしているわけですから。

『マイナスになるから・・・』

こんな理由で解約防止する人とは、今後一切縁をきってもいいと思うのは自分
だけでしょうか?

そう、財産は自分で守る以外方法はないのですから。

 


☆読者の声 〜生保レディへの勧誘について〜

 

たくみさん 初めてお便りします
いつも楽しく見せてもらっています
今回メールを送らせてもらったのは、生保レディの勧誘についてです

私は11ヶ月間、国内生保のとある営業所に勤務していました
「勉強だけしてテストに受かったたらやめてもいいから」とよくある話法で勧
誘されました
1ヶ月間研修、翌月に登録、実質営業をしたのは9ヶ月でした

私は高校卒業後地方銀行の営業店の0Lとして9年働いていたのですが、女性のほ
うが多い職場ですので人間関係のドロドロをこれでもかというほどみました
だから覚悟はしていたのですが、想像以上に大変な世界でした

まず、自分のお客さんをとった、とられた(はっきり言って水商売といっしょ
です。まだ、夜の世界のほうがきれいだと思ったくらいです)
誰々は所長のお気に入りだからいつも契約をつけてもらっている
(仕事を一生懸命にする人を大事にするのは当たり前でしょただし、極端にえ
 こひいきする所長もいた)
しかも、所長がそんな人間関係を押さえられない人でした

当時、下の子供が保育所の年中(5歳)、営業所まで片道車で30分
しかも我が家は農業をしているので手伝わなくてはいけない
肉体的にも精神的にも疲れ果てて何度も退職を願い出ました

「11月は特別月だからだめ」12月に言うと「今月は書類が間に合わないから
1月にして」1月に言うと「2月は営業所の査定があるから2月いっぱい在籍して
欲しい」
2月に当時の所長の転勤が決まり所長に「3月だけ頼む」
ばかばかしくなって4月に退職しました

成績ができている人を引き止めるならまだしも、私は友達にも親類にも契約を
もらえませんでした
というより、押しが弱い性格のため勧められなかったのです
銀行で勤務していたので、お客さんと話をするのは好きでした
初対面の人でも抵抗がなかったし

「あなたは、人当たりもいいし話も上手だから向いている」と何回も言われまし
たが、営業はっきりいって要領のよさではないでしょうか

いつまでこんな採用を続けるのでしょうか(しかも、だましうちみたいな方法で
退職させてくれない)
予定利率引下げ以前の問題だと思います

        もと、無能な営業職員より(匿名希望)

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

たくみです。
何故新人を入れたがるか?
もうひとつの理由をかいておきます。

生保会社には各社たくさんの営業所があります。
ここを一つの子会社と見る事ができます。

会社は各営業所に毎年いくらかの支部資金というのを渡すのですが、この資金
は営業所の規模=営業職員の人数で変わってくるのです。

10人以下・・・・10
20人以下・・・・15
35人以下・・・・25
50人以下・・・・35

こんな感じです。
支部資金が多ければいい事務所もいろんな施策もうてますが、これが少ないと
パンフすら満足にそろえられないという事になってしまいます。

こういった事もあり、「生保レディ勧誘」「退社をシブる」という事もあった
りするんです。
最近ではかなり減ったみたいですが、「幽霊社員」なんてのも出来たりするの
は、以上の理由からなんです。

って、何もかも「古臭い制度」と思うのは自分だけでしょうか?

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ