東京海上あんしん生命[長割終身]




『今、非常に低金利なのでうちのは他と比べて安いですよ』
『払込み終了までかけたら普通の終身と同じ解約金がでる。途中でやめたら解
 約金は少なくなりますが、その分保険料が安くなっていますから・・・』

このようなセールストークが一般的に遣われています。
一見、ヒジョーにいい保険の様な気がします。
保険料も安いし、払込みが終了したら通常の終身と同じようになるし。

が、あえて自分は『現在絶対に入ってはいけない商品』と紹介します。

 

>◆確定利回り____________________________

保険というのは、契約当時の予定利回りが契約終了まで変わる事は有りません。
現在は歴史上で類を見ない程の超低金利時代です。
ただ、この超低金利は今後も続くというかというと、絶対にありえません。

来春から金融自由化により、海外の銀行が日本に本格的に進出してきます。
ご存じかもしれませんが、ドイツやアメリカの銀行金利は4〜6%複利が当たり前です。
そう、4%をきった段階で『ストライキ』が起きてしまうぐらいなのです。

現在の日本の金利自体が『異常』なのです。

ゼロ金利政策が終わり、海外の銀行が日本に参入してきた場合、日本の銀行も
金利をあげざるを得ない状況になります。
そうしないと銀行が潰れてしまうので。

金利の上昇に伴い、いずれ保険会社も予定利回りをあげざるを得ません。
そうしないと銀行等に顧客が流れてしまいますから。

確かに『解約金を減らして保険料を安くする』というこの保険のしくみ自体は
いいのですが、『予定利率がもっと上昇してから』加入してはじめてメリットがある商品といえます。

市場金利が上昇すると容易に想定できる現在、この保険に入るメリットは何ひとつありません。

金利が上昇し、途中で他の商品にかえようにも『解約金が低く設定されている』
商品ですから、通常の終身よりたちがわるいですしね。

具体的に示していきます。

。。。。。。。。。。。。。。。

終身(長割)200万・・・年41630円(37歳加入で60歳まで)

総払込合計=41630円×23年=957490円
60歳での解約金・・・・・・・・・約120万 円

※払込終了時点の解約金は保険金額の約6割です。

これを年平均積立て複利で表すと、約1.84%になります。

銀行等で金利が1.84%複利以上になったら、銀行に預けた方がトク。
※これは生保にもいえる事です。

複利2%程度なら、近々なるでしょう。
現在でも公社債は2%で回っていますしね。
そうなった場合、同じ額を銀行に預けていった方が貯蓄率がよくなります。
この程度の金利商品は加入しているだけ無駄です。

 

>◆インフレ___________________________

あと一つ、致命的な弱点があります。
インフレに対応していない点です。
インフレとは『物価上昇』『金銭価値の低下』という事です。
そう、今の100万と将来の100万では全く価値が違ってしまう可能性が高いという事です。

例をあげます。
昭和48年時点での大卒の初任給・・・・7〜8万
現在の大卒の初任給・・・・・・・・・・約18万

20年ちょっとで倍以上値段が変わったという事がわかります。
終身保険は確定利回りで長期のものです。

はたして現在と同じ貨幣価値でしょうか?
同じ20年ちょっと後、きっと今の金額の半分以下の価値にしかなっていないでしょう。

そういう意味でも、この『長割終身』はお勧めできません。

 

>◆結論_______________________________

仕組み自体は悪くはないのですが、現在絶対に入ってはいけない保険のひとつです。
よく『今より利率がよくならなかったら・・・』などと聞きますが、逆に聞きたいです。

『本当に今より絶対利率がよくならないのですか?』と。

同じ理由で『個人年金』(確定利回り)は当然入ってはいけない商品です。
まだ銀行に掛金そのまま定期貯金した方がトクでしょうからね。

『貯蓄は貯蓄、保険は保険』

少なくとも今現時点ではそう考えた方が無難でしょう。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

よく聞かれます。

『じゃぁ、これ以上にいい利回りで回る商品あるんかい!』と。

現時点ではありません、確定利回りの保険では。
が、変額・投資信託・オフショアを見ていった場合はどうでしょう?
ありますよねぇ。

ただ、現時点では日本ではリスクを伴わないで運用するのは無理です。

・元本割れのリスク

抵抗ある人、多いですね。

 

今、絶対に長期的な運用をすぐしなくてはいけないのでしょうか?
1年くらい待ってもいいのではないでしょうか?
銀行貯金で様子を見てもいいのではないでしょうか?
ふと思います。

『低金利で何十年も利率が回るリスク』
『銀行金利より低くなるリスク』

これも考えてみてはどうでしょう?


関連項目


戻る
TOP