日本生命[ニッセイ口座]




『保険をまとめると安くなるよ』
『損保もまとめて面倒みますよ』

そんなんが売りです。
今後は投資信託やカードローンなんかやっていくんでしょうね。

ちょっとした事、かいていきます。

 

>◆安くなるのは掛捨てだけ!____________________

 

『最大27%』安くなる、っていうのがウリ文句。
が、実際安くなるのは以下の通り。

・新規加入である。
・定期付終身(掛捨てが主)である。

この2つを満たさないと当てはまりません。
なお、終身保険や年金も安くなりますが、雀の涙程度(百円単位)です。

今までの保険を見直してまで新規に保険に入る事は当然論外です。


保険料が安くなる(掛捨て)=それだけ死亡する確率が低い


こう認識した方がいいですね。

 

 

>◆ニッセイ口座のメリット_____________________

逆にきいてみてください。

『このカード作ってなにか目にみえるメリットあるの?』と。

契約貸付が簡単に出来るようになる、なんていうのはメリットではありませんよ。
現段階ではメリットないですので。

『ニッセイ口座に入りませんか』

などといわれても入る必要はないですね。

そうそう、これ『銀行』ではないので勘違いしないでくださいね。
日生は『銀行はやらん!』と断言してますし。

 

>◆結論______________________________

なんていっても業界NO1。
一番セールスをうける可能性が高い会社です。
が!
大きい会社だからといって、いい商品を販売しているという事だけは思わないでください。

安くもないですし、内容も一つ覚えの『定期付終身』ばかりです。
間違っても即決で入らないようにしてください。

家の次に高いもの、生命保険なんですからね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さすがに詳しいですよ、ここは。
長年やってましたから、ここで。

去年あたりから、かなり職員の給料を下げましたが、みんななんとも思わないのでしょうか?

『割り引きでお客さんに還元』
『不景気だから給料下がって当たり前』

な〜んて思ってるんですかねぇ。
じゃぁ、なんで大阪に自社ビルがたつんでしょう?

少なくとも自分は『ん〜???』と思いましたが。

関連項目

ふれ愛家族
いきるチカラ
三大疾病保険(特約)について
大きな声では言えない生保会社の裏事情BN


戻る
TOP