ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第17話:11月戦〜見込みがなくて白紙!〜

11月戦。
みんな第一報をそれぞれ準備しなければいけないのだが・・・
この仕事は非常に波がある仕事である。
とれる、とれない、運がいい、悪いetc・・・
うちのチームもリーダーが先頭をきって鼻息を荒くしている。

小橋「もうすぐ11月戦よ。もちろんうちのチームは全員実動よ!!」

・・・みんな顔色が冴えない。
ネタがないのだ。

そして第一報の日がやってきた。

・・・契約がとれなかった。みんなもとれてなかった。

『うわぁ〜怒られる・・・』

内心そう思いました。

小橋「のり子、どう?とれた?」

 

設楽「いえ、すいません・・・」

小橋「そう、まぁ契約は思った様にはとれないからね」

  (怒られると思ってたのでホッとした)

小橋「でも0件の報告は出来ないわね、ちょっとこっちにおいで」

小橋「今後とれそうなお客さんは誰?教えて」

  (えっどうしてだろう・・・)
(なんだろう?見込み客の整理やアドバイスしてくれるのかなぁ)

小橋「それじゃ、○○さんを成約入力しましょう」

設楽「えっ、だってまだ返事も聞いてないんですよ」

小橋「いいの、後でちゃんと申込書もらってこれば。こうすると精神的にとて
   も楽になるでしょ?大丈夫、私もみんなもそうしてるから」

成約入力、それは保険の新規加入した事を会社の機械に入力する事である。
当然これは申込書を頂いた段階でするものである。

実際、うちのチームや他の人たちも支部の圧力で白紙の成約入力をやむなくしていた。
こんな架空の契約なんて、後味が悪いだけなのに・・・
私は胃が痛くて眠れませんでした。
○○さんに返事をもらわなくては、しかもYesという返事を・・・

悪い事は重なります。
返事はNoでした・・・

不備解決がまだの人は毎日いつ解決するか朝礼中に営業部長に聞かれる。

『設楽さん』という呼び声を聞く度にドキッとする。

だってその契約は元々ない契約なのだから・・・

 

そんな心に後ろめたさをもった状況では他の契約もうまくとれません。
結果、11月にもかかわらず、はじめて『0件』をとってしまいました。

小橋リーダーはというと、20件近くの成績。
すごいなぁと関心してた。

ところが・・・

締めきりが終わってからも不備解決の確認(いつまでにやるか)を毎朝する。
私も『申込書はいつもらってくるんだ』と聞かれた。
『すいません、それダメです』『じゃ、後で来い』
ふぅ、やっとこの苦痛から解放される・・・

部長「小橋さん、○○さんと・・・○○さんの申込書はいつでる?」

小橋「今月中にとってきます!」

・・・えっ、今いったの11月にとったお客さんみんなじゃん。
全部白紙だったの???

明らかにみんな疑問を抱きました。

『白紙だったら誰だってとれるわ!!』

目次 | 第18話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟