ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第19話:ツ・ケ・ル

『みんな、元気にしてたぁ?』

12月中旬に小橋リーダーは帰ってきた。

やる気をなくした私達は当然(?)0件のままだった。
1件とるのも苦しい状況だった。
このまま行けば給料がどんどん下がっていって会社にすらいられなくなる・・

そう、私達はノルマというのがあってこれを達成できないと給料規定が悪くなったり会社にいられなくなる。

『まぁ、このままクビになってもいいかな?』

そう思っていたある時、小橋チームのある一人から意外な出来事をききました。

『○○ちゃんこの頃調子悪いじゃない。職選危ないっていってたけどこないだ
 小橋リーダーから契約もらったらしいよ・・・』

喫茶店に一人ずつしか呼ばないからうすうすは勘ずいたんですけどね。
新人職員が契約をとれなかった時はリーダーが契約をつけてくれるという話は聞いたことあったし。

(リーダーにとってもメリットがあるらしいから一石二鳥?)

しかし小橋チームは支部の中で一番のBIGチームであった。
人数が多いということはノルマをとれない人も自然と多くなっていく。
ツケの契約は麻薬と同じ。
これを知った人はなかなか止められない。

『あの子につけてなんで私にはつけてくれないの?』

しまいにはこんな低レベルな小言をいう人間もでてきました。
・・・ただお金が関係してくる事ですから当たり前といえばそうだ。

誰がどんな形で契約をとったのか気にはするものの、はっきりと口に出せずにいるうちにだんだんとみんなバラバラになっていった。

ちなみに小橋リーダーは8件もの契約をみんなにツケた。
私もその一人だった・・・

この出来事が今後私を退社せざるをえなくなる理由の一つになるとはこの時は全く想像すらできませんでした。

目次 | 第20話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟