ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第28話:ジャイアン!

猿山の猿とゆう感じで皆しばらくは、彼に感心があるようだ。
私も女子高から女しかいない職場とゆうように、男性にはあまり縁がなかったので、彼の行動にはかなり興味があった。

とても行動力があるお方らしく、一ヶ月も立たない内に会社の中で模様替えが行われた。

もともと私達の部署には二つ部屋があった。
一つは営業職員の机がある通常業務の行われている部屋、もう一つは会議兼倉庫の部屋だ。 

とてもきれい好きな(?)彼は、休日に男性職員を使って倉庫部屋のロッカーをこちらのへやに移動させた。

季節外れの大移動に、みんなのブーイングはおきたが、部屋が整頓されるのは監査以外こんな時しかないと渋々ロッカーの整理をさせられた。

きれいになった倉庫を見た彼は、何を血迷ったのか次の日には、彼の私物のギターが置かれていた。
いったい何をしようとするというのだ?
この荷物を見て、不思議に思った営業職員はたくさんいるのだが、彼の性格を把握していない私達はつっこみたくてもつっこめない。

ある日の夜、あれは7:00すぎだった。
この時間帯はこくわずかの営業職員しか残っていない時間である。
我らの小橋リーダーは、このひもTELアポにせいをだしていた。
他のみんなはおしゃべりに集中していた。
彼は奥の部屋でなにやらしている様だ。

さぁて、もうそろそろ帰ろうかなと思い、部屋を出ようとした時、『設楽さんちょっと来て』と呼び止められた。
締めきりももうすぐなので、何かいわれるのかと少し憂鬱になりながら部屋へ向かった。
何故かそこの部屋にはたくみさんもいた。

(えっ、いったいなに?)

部長 『おっ、そこに座って』

設楽 『はぁ・・・(座る)』

部長 『どうだ、たくみ。このギターいいだろぅ。50万するんだぞ、これ』

たくみ『へぇ〜、すごいですねぇ』

部長 『いい音するぞぉ。ちょいと聴かせてやる』

そう、たくみさんが音楽(エレクトーン)をやっている情報を聞き、彼を呼びよせていたのだ。
ステレオみたいなのにギターを繋ぎ、かなりの音量でギターを弾きはじめた。

設楽 『へぇ、部長上手いですねぇ』

部長 『そうだろ、もっと聴かせてやる』

(えっ!?もう帰ろうとしてたのに)

よく上手いかどうか分からなかったが、とりあえず誉めておこうと思いそういったのだが、彼はノッてしまった。
音量をさらに上げて彼はまたギターを弾きはじめた。

30分、1時間・・・

終わる気配がない。。。

何かがふと頭をよぎった。
以前にもこういった人がいた様な...

あっ!

ドラエモンのジャイアン!!

気がつくと、その部屋に何人か来ていた、いや呼び寄せられていた。
誰も席を外さない、いや外せない。
たくみさん、眉間にシワをよせている。
他のみんなもそうだ。

小橋リーダーは・・・あっ、自分の席で頭を抱えてる。
眉間にシワをよせている。
かなりキテいる様だ。

時刻は8:30。
終わる気配がない。

たくみ『(小声で)お客さんのアポがあるっていって設楽さんだけでも逃げな』

!!!

神の声だった。
・・・私はその場から逃げることに成功した。
で、帰り際に小橋リーダーが一言。

小橋『・・・お疲れさんな。・・・なんとかしていね、アレ』

後から聞いた話では、そのリサイタル(?)は10:00まで続いた様だ。
気をよくして彼はまた今後もリサイタルを開くことだろう。
彼のワンマンぶりは今後も発揮される。

そしてついに、小橋リーダーと彼がぶつかることになる。

目次 | 第29話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟