ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第29話:ツケの代償

突然ですが、25日って何の日か知ってますか?
そうです。
みなさんも一度は聞いたことがあると思いますが、締め切りの日なんですよね。
だいたいの書類が25日には揃ってなくてはいけないんですが、診査や保険料の集金、書類上の不備などが出る場合があります。
そういった不備は翌月の10日ぐらいまでの間に、解決をしなければいけない。

私達の支部は、内勤さんや支社泣かせで、『絶対行きたくない支社ナンバーワン』らしく、不備が非常に多いらしい。

その根源は、もちろん小橋リーダーにあるのだが、彼女のおかげで支部全体がだらだらしていた。

この失態をできる男横田支部長は、見逃すはずはなかった。
ある日の朝礼の時間の事である。

部長『ここの支部は、非常に不備が多いようであるが、私が営業部長になった
   からには、この問題点をおおいに改善しようとおっもっている。みんな
   も知っているように、不備が改善されないと、成約率が下がってしまう。
   これからは、朝礼の時間に確認していくからな』

         しーーーーん。

今までは各自、営業部長や支部長に呼ばれて確認を行っていました。
みんな各自、この言葉で、いろいろな不安がよぎったのではないだろうか・・。

(えーっ。また朝礼が長くなるの??)

部長『ではまず、番号005番。水野さん。この契約の、申込書の印もれは、いつ提出だ?』

水野『・・・・。明日です。す、すいません。』

部長『次、番号032番。設楽さん。この契約の、口座引き落とし書類、申込書は。』

設楽『えっ。え、、、、と。あの、、、、、。』

(まずい。あれ、小橋リーダーに、つけてもらった契約だ。ってゆうか、また
 白紙入力か?書類が全然そろってないじゃん。)

小橋『明後日です。』

設楽『次、番号051番。神田さん。申込書。』

神田『、、、、、。お客さんに確認します。』

小橋『明日です。』
   :
   :
   :
朝礼が終わってから、設楽は営業部長に呼ばれた。

部長『小橋チーム不備が非常に多いけど、なんでお前達の変わりに、小橋リー
   ダーがこたえるんだ?』

設楽『、、、。あれは、小橋リーダーに、つけてもらったものです。他の子の契約については、
   分かりません。』

部長『つけてもらったら、いつ書類が揃うのか確認しておけ。俺は不備が嫌い
   だからな。確認は、不備がなくなるまで毎日行うから、班の者にも伝え
   ておきなさい。』

みんな暗黙の了解をえていた小橋リーダーのつけの契約が、少しずつあかるみ
にでてしまい、班全体の雰囲気が怪しくなりつつあった。

小橋リーダーもまた苦悩していくのである。

目次 | 第30話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟