ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第2話:初出社


営業日初日。

コンパの時ぐらいしかスーツを着ない私は落ち着いたグレーのダブルスーツを新調し、慣れないスーツを着て出社した。
矢吹拠点長(仮)の「今日入社した新人さんのあいさつです」という号令にあわせて4人は前にでて一人ずつ自己紹介をした。

私達の営業所は大きな営業所の一つであり、50人ぐらいの人がいた。
ベテラン生保レディの宝塚ばりの異様なムードに圧倒されながら、

「設楽です。よろしくお願いします」

とボソッといった。
そのとたんバチバチバチッと一斉に大きな拍手が鳴り響いた。

*生保レディ達は全員大会とかいっていろんなホテル等に集合し意味もない拍手を強制的にやら
 される。まぁ拍手のプロフェッショナルですね(笑)

こんな大勢の人達の前で自己紹介をして大きな拍手をいただくのは初めてだったのでちょっとしたスター気分になってしまいました。

私達新人達はこれからしばらくの間育成期間として各リーダーの組織に振り分けられ仕事をしていくのです。

『あれ?なんか小橋さんの話と違う...』

私は初めて会うリーダーの組織に配置されていました。

『あなたがこの仕事に入ったら私があなたの面倒をみてあげる。トップセール
 スレディにしてあげるわ』

と小橋さんは確かに言っていたのに...

他のみんなも紹介者と同じ組織に配置されてなかったのでみんなで金縛り状態になってしまった。

紹介者が育成期間中の職員であれば同じ班に入ることも出来ますが、ベテランチームの職員が紹介者の場合は育成チームに新人さんを預ける形になるんですよ。

この事を知ったのはもちろん暫くたってから...

『まっいっかー』

と流して初日は終わりました。

目次 | 第3話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟