ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第30話:ツケテモラッタ契約は・・・

毎日毎日の不備確認に皆うんざりしてきた。
当たり前の事をしているのだが、今までが今までというか、ここの支部の特徴とゆうべきか。
やはり、25日の締切り日になると皆無理をせざるおえない状況におとしこまれるのである。

部長『設楽さん。あの契約の件だけどどうなった?』

設楽『まだ、、、確認がとれていません。小橋リーダーに聞いてみたんですけど大丈
   夫としか、、、』

部長『お前、先月契約件数が多かったけど、あれもつけか?優秀で真面目にやってる
   子だとおもってたのにな』

設楽『あれは自分であげたものです!職選があったので。とにかくもう一度確認をと
   ってみます』

まぁいわれても当然といえば当然だが、やはりこういう言われ方をするとハラが立つ。
付けてもらった契約の事を聞きたいが、小橋リーダーの忙しそうな姿を見ると細かく追求することが出来なくなってしまう。
ただでさえ班員が多いのですから。

 

>>>次の日の朝礼<<<

部長『えー。先月の契約の事だが、2件落ちた。いずれも小橋チームのものだ。成約
   率がまた下がり非常に迷惑なことになりますのでくれぐれも今月はこのような
   ことがないように!!』
(神田、設楽下を見てがっかりする。)

部長『小橋リーダー、朝礼後私のところまでくるように!』

案の定、設楽と神田も呼ばれてしまった。
朝礼後、営業部長のところへいくと、

部長『小橋リーダーの件だが、彼女はいろいろな意味で有名だから、今月からはくれ
   ぐれも頼むぞ。自分の契約でも他人につけた契約でも、責任を持つように!』

な〜んて言われた。
そして、それから小橋リーダーにも呼ばれた。

小橋『あの契約の事だけど、ごめんな。お客さんから急に断わりの電話があって。ま
   あ過ぎたことはしかたない。今月はがんばろう。今回の営業部長は、厳しいお
   方だから・・・』

小橋リーダーも絞られているようだ。
今までの営業部長と、なんか感じが違うよね。
専門部の先輩方が、口々に囁いていた。
どうやら、あの小橋リーダーにめんとむかって注意したのは、彼が初めてらしい。
みんな営業部長に期待をかけすぎたらしく、とうとう事件はぼっ発した。

目次 | 第31話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟