ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第31話:ある日のデキゴト

ある日畑口さんからカラオケのお誘いがあり、いつもの場所に集まる事になった。

前藤さんや班のメンバーも数人集まっていた。
小橋リーダーの件らしい。

*畑口&前藤・・・チーム編成の時に供に小橋チームに配属された小橋リー
         ダーの紹介で入ってきた人たち。話が合いよくお茶した
         りしていた。(私も小橋さんの紹介で入ってます)
         かなり前にも名前をだした事がありますが、覚えてる人
         はいないと思いましたので紹介をいれておきました。

 

カラオケと食事をすませて約2時間、畑口さんが話しはじめた。
(彼女はメンバーのリーダー格的存在)

畑口『昨日営業部長と小橋リーダーの事で話をしてきた。今までの事全部暴露
   してやったわよ』

設楽『どうだった?』

前藤『この支部雰囲気がよろしくないとゆうか、おかしいって。小橋リーダー
   の事も、しばらくは様子を見て徐々に直していくっていってたよ』

畑口『のり子ちゃん、この前の契約落ちたんでしょ?人につける契約だったら
   不備とか気をつけるのは当然だと思うよ。申込書もでてないんだったら
   初めから落ちる契約だったんだって』

設楽『!!!』

とりあえず初めて聞く事だったので、おどろいた。
まさか、わざとおとす為の契約なんて・・・???
この時点では私はよく理解していませんでした。

前藤『設楽さんはまだいいよ。私達なんか、今までつけてもらった契約全部2
   〜3ヶ月で解約になったり減額になったりばっか。おかげで給料も下が
   りっぱなしで夜もバイトしてるんだから!』

畑口『気休めに落ちる契約をつけるぐらいなら、そんな契約いらないよ。継続
   手当てもなくなるし、解約ばかり続くとやるきもなくすし。この前なん
   か、絶対落ちると分かってる病気の人の面接士にいかされた。先生には
   苦笑いされるし、契約は案の定落ちるし。人間性を疑うよ!!』

設楽『?!?!?!?!?!?』

なんか知らない事ばかりで頭がパニック状態だった。
ツケテもらって給料が下がる??
給料が少なくなって夜もバイトしてる??
継続手当て??何それ??(当時は知らなかった)
診査で落ちるとわかってる人の契約をあげた??
なんで???

『?』が頭をめぐり、訳が分からない状態の中、さらに彼女達は機関銃の様にしゃべり続けた。

前藤『私達、前の会社から彼女と一緒だけど、入る時はいい事ばっかりいって
   嘘ばっかりで騙されっぱなし。2年間契約をとれなくても、固定給は1
   6万あるとか、2年経つと50万になるとか。彼女のやり方ならそうな
   るかもしれないけど、まともなやり方をする私達にはそんな給料とても
   無理だ』

畑口『彼女に利用されないように、気をつけた方がいいよ。自分の名誉やプラ
   イドしか考えてないから。こんな班に、これからはいってくる新人さん
   がかわいそう。信じて裏切られて』

・・・ショックだった。
小橋リーダーは確かにズボラな所があったり、マルチとか宗教とか訳のわからない事ばかりしていたが、保険の仕事に対してだけはマトモだと思っていた。

給料規定の事は正直いってよく分かっていなかった。
解約や減額によって給料がマイナスになる事はだいたい何となく分かっていたが、継続率とか詳しい事はよく分からなかった。

その後、彼女たちに給料規定の事を詳しく聞き、ようやく話の意味が理解できたのは1時間後であった。

話が飲み込め、よーやく話はじめた。

設楽『そうだね。営業部長どうにかしてくれないかな。私達、ただマトモに仕
   事してマトモな契約をとりたいだけなのに。ほんと保険屋さんは、難し
   いわ』

畑口『あっ、それと、専門部の人2〜3人辞めるみたいだよ。前々から辞める
   つもりだったんだけど、前任の営業部長が辞めさせてくれなかったんだ
   って。今度の営業部長にいったら俺のやり方について来れないんだった
   ら辞めてもいいって。私達も、小橋リーダーのやりかたについていけな
   いから辞めたいっていったんだけど、支部全体の雰囲気を変えたいって
   いってたから、もう少し様子をみてみようとおもって』

前藤『これから、辞める人も多くなるかも知れないけど、小橋リーダーの今後
   を期待してもうすこしがんばってみようかな』

設楽『そう・・・だね』

・・・私のツケテもらった契約は大丈夫かしら?
来年はちゃんと給料あがるのだろうか、私は??
小橋リーダーは本当にひどい人なんだろうか??

知らなかった方が幸せだったかもしれません、現実を。
この段階では私に今後襲ってくる悲劇は想像できなかったのですが・・・

いろいろな人から期待されている営業部長。
彼がおこした行動は次の通りだった。

※専門部・・・入社2年以降の人達の事。ちなみにそれ以内の人は育成部という。

目次 | 第32話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟