ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第33話:設楽チーム誕生!

5月の締めきりが終わった次の日の事です。
いつものように朝礼が始まる。

『6月は7月戦の前の月という事で、ある意味非常に重要な時期である・・』
           :
           :
ふぅ、今日もアツく語ってるわ、営業部長。

時刻は11:00。

『ではこれで朝礼を終わります』

(ふぅ、ようやく終わるか)

『あと、小橋チームを編成しなおす事にしたのでそこの所ヨロシク』

(えっ!?聞いてないよ??)

部長は黒板に編成の仕方をかいていく。

・・・!!
設楽チーム???
えっ???
先日聞いたばかりで返事もしてないのに・・・

 

『以上、今日中に席変えをしておくように!』
 あっ、あと橋口さんと前橋さんは俺の班を作ったから』

!!!
前代未聞の営業部長チームが完成?

『あと、小橋チームの班編成に伴い、専門部の席も多少移動するので該当の
 人は速やかに移動するように!』

ざわざわざわ・・・
これには支部のみんながそろってどよめいた。

これから少ない時間をつかって、職団にいく準備をしなくては行けないのに、、。

彼が黒板にかいた席割りは、専門部の席まで影響していて、ほぼ全部席を移動させなければならない。

小橋チームのみんなには、専門部の先輩の視線が痛く感じた。

『のり子がんばれよ!』

涼し気な顔をして、彼女はいってしまった。

小橋リーダーのちらかった席まで、私達で移動しなくては行けない・・・
私達は途方に暮れながら、席を移動していった。

そして、訳も分からないまま、『設楽チーム』がここに誕生したのであった。

目次 | 第34話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟