ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第37話:誰が為に…

重大月は基本的にノルマがいつもの倍となります。
この月に保険に入って何かメリットはあるかというと…ないんですよね。
せいぜい御中元等ちょっとした物がもらえるだけ。
保険の値段は変わりません。

何故7月が重大月かというと…うちの創立記念月だから、だそうです。

コンサルティング?
普段ですらそんな事しないので、皆同じモデルプランの設計書です。

で、唯一の設計といったらこんな感じです。

『保険料、いくらだったら出る?1万でどう、ん〜、じゃぁ9500円!』

えぇ、バナナの叩き売り状態みたいなものです。
必要性等へったくれもないです。

 

当時は「ふれ愛家族モデルパターン」という商品ばかり販売促進していました。
理由は単純です。
同じ保険料で一番数字・件数になったからです。

支社にノルマの数字があり、各営業所にノルマの数字があり、各チームにノルマ があり、そして私達個人にノルマがかかってくる。

『営業所一丸になって目標へ向かってGO!』

などといっているが、別に営業所がノルマを達成したからといって、個々の給料 が変わるわけではないので、訴求力が弱いです。

かといって、成績をあげないと給料があがらないので、数字はあげなくてはならない訳です。

 

支社の都合、営業所の都合、そして私達だけの都合で重大月というのは進行していきます。

誰が為に保険を売っているのか……

会社の為?
営業所の為?
給料の為?
プライドの為?
…お客さんの為??

きっと、現場の人にしか分からないでしょうね。
上の人なんて、数字だけ見て「おい!数字があがってないぞ!!」といっているだけでしょうから。。

な〜んてフケっていても白紙分は探さなきゃ。。。
誰か5000万に入ってくれる人、いないかな?

…あれ?何かが違う。。

その時、携帯に着信が入った。
畑口さんからだった。

目次 | 第38話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟