ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第39話:結果

部長『みんな、よくやった!!目標を大きく上回って年責の30%近くまでいったぞ!!』

なにやら興奮気味の部長。
まぁ無理もない。
なにせ支社TOPの成績だったからである。
ただ…気にかかる点がある事は確か。

そう、この契約が全て「成約確定」してはじめて『成績』となるのです。

基本中の基本で、保険とは「申込書・診査・初回保険料入金」の3つが揃ってはじめて「契約」となります。

 

部長『…まぁ、とりあえずこれを全て確定しないと全く意味がないので、全て確定するよう、全力を注いでくれ』

 

追い込みという言葉、ご存じですか?

「締めきりまでに保険の契約をあげる事」

ただこれだけの意味なのですが、あと3日という時に「申込み・入金・診査」な んて全部こなせる筈ありません。

締め切りは大体25日です。
が、「成約確定」、上記の3つをそろえなければならない日は翌月の12日、となっています。

『締めきりまでにとりあえず入力しておいて、12日までに申込書等をそろえる』

正直な話、こういう事が可能なんですね。

 

ちなみに小橋リーダーの最終日の成績発表。

『小橋、11件、1億5600万』

…当然のごとく、「今から契約とりにいくよ〜」ってなものばかりです。

 

さらに設楽は……通常の月と変わらない成績でした。

小橋『のり子、ドンマイ!こういう月もあるよ』

……そう、重大月ではノルマ達成にて「ドンマイ!」なんて言葉をかけられるんです。
ホント、不思議な月です。。。

 

小橋リーダーの最終的な成績。。。
確か52件の10億ちょっと、だったかな。

どれだけの契約が確定したかは……定かではないです。

それから1週間後、事件は起こった。

目次 | 第40話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟