ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第3話:同期の退社〜その1〜

初日から一週間たちました。
なんて刺激的な一週間だったのでしょう。
小橋さんに聞いたお話とかなり違うことに気付いてとりあえず度胸がついたのもこの頃からです。

小橋「お昼に会社に訪問するのョ。まずは会社を訪問するのが基本ネ。大丈夫訪              問する会社はうちの方で用意しているから。それに私がついてるんだから安心しなさい」

まっかな嘘でした。
何も用意されていない。
けどくよくよばかりしてられないから組織リーダーと飛び込みをやった。
だんだんと訪問会社を増やしていった。
さすがに飛び込みはつらかった。
前職では某大手電気会社の営業をやっていたのである程度自身はありましたが生保レディとなるとお客さんの対応がかなり違いました。
 

設楽「こんにちわ、○○生命です。保険担当の方いらっしゃいますか?」

お客「...あっ、結構です、うちは間に合ってますから...」
   「うちの会社はいろいろな保険会社のひと来てるからいい わ」
              :
              :
10件ぐらいこんな感じだった。
何かいけないとこあったかなぁ。
もしかして私が魅力ないのかなぁ・・・

 

それから2〜3日後、同期入社のAさんが会社にこなくなった。

設楽「もしもし、Aちゃん、どうしちゃったの?何かあった?」
 A 「う〜ん、なんか疲れちゃって〜。話が違い過ぎるってゆ〜か・・・
            :
            :  
   やっぱやめようと思って・・・」
設楽「えーっ、やめちゃうの?寂しいじゃん、一緒に頑張ろう よー」
 A 「ごめんネ。設楽さんはこの仕事あうと思うから頑張ってね...」

彼女、研修中に半ば無理矢理研修受けさせられてたっていっていた。
私の予想道りやっぱり一番にやめてしまいました。
けど、こんなに早く辞めるなんて・・・

と流して初日は終わりました。

目次 | 第4話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟