ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第43話:ザセツ

のり子の奇跡の復活物語になる…というのはあくまでも本の中の事である。
現実的に2ヶ月で8件という数字は、あまりにも大きすぎた。
10月の成果、2件。
久しぶりに「件数」が成績としてあがった月となった。
11月の1ヶ月で6件。
決して不可能な件数とはいえない件数ではある。
が、のり子は10月が終わった段階で気力は尽きていた。

(あれ以上頑張れない…!もうダメ。奇跡で出来たとしても、一番下の位では食べていけないし)

誰かが助けてくれる仕事ではない。
自分でのみ、気力を起こして頑張らなくてはならない。
今回が奇跡で今の成績を維持出来たとしても、営業の仕事の場合は翌月よりまたゼロからのスタートの繰り返しとなる。

急激にやる気が萎えたのり子がとれる選択肢は、「ドロップ」しかなかった。

 

<10月26日>

のり子「営業部長、ちょっと…」
部長「ん、何だ?今忙しいから簡潔にいってくれ」
のり子「これ…」
部長「…分かった。後の引き継ぎとかちゃんとやっていけよ」

のり子が渡したもの、退職願いであった。
何もいわずに受取った営業部長に対して、有り難さと何かいってくれないのか、という寂しさの2つが重なりあい、非常に複雑な気持ちになった。


辞める事…この事によって態度がガラっと変わった人物がいた。
小橋であった。

目次 | 第44話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟