ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第6話:初契約!!

入社2ヶ月目。
だんだんと要領がよくなってきた。
お昼の会社も定期的に訪問し、少しずつリズムがとれてきた。

初めのうちは自己紹介ビラを作ってお客様に渡していました。
これ、自分の生年月日や趣味等が書いてあるんだけど、これ貰ったお客さんは
どう思っているんでしょうかね?
読んだ後きっと捨てるんでしょうね。
男性のお客さんが多いんですが、このチラシ真面目に持って帰ったら奥さんや彼女に見られて困ってしまうのでは・・・

(中には大事にず〜っと持っていてくれるお客さんもいて、忘れた頃に『あな
 た○○の趣味があったよね、チラシによると』って言われた時はとてもうれしかった)

あとアンケートなどお願いしていました。
名前と生年月日が重要で新人の頃は特にこの活動をしっかりしておかないと、
後からとても困ることになります。
アンケートを書いてくれた人、その時から私達の見込み客となります。
会社で上司にアンケート枚数を報告しなくてはいけないので必死にやっていました。

私の会社訪問先の人たちは殆どの人がセールスレディ慣れをしていた。
そのため、この頃はほんと、これらの人々に助けていただけたと思っている。

この会社のある人が既契約の人で、たまたま「年金を考えたいんだけど」と声を掛けてくれた。
そして、その人が私の本当の『初めての契約』となったのである。

 

「へぇ、自分が初めてのお客さん?これからも頑張ってね」

なんて優しい言葉までかけてくれた。
その時私は感激して思わず泣いてしまいました。

そう、この頃はかなり仕事やる気だったんです。
いいお客さんたちにも恵まれてたし。

目次 | 第7話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟