ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第8話:地区での出来事

地区活動もやっと慣れて訪問するお客さんも少しだけ増えた頃、事件がおきました。

その日はとても暖かい小春日和の日でした。
『今日も頑張るぞ』といきこんで地区へ向かいました。
私のいっている地区は都心中心部に近い所で、高級住宅が並んでいる割にはのどかな雰囲気の所です。

いつもの場所に車をとめ、いつものルートをテクテクと歩いてた。
気分良く歩いていたが背後に異様な圧迫感を感じ、ふと振り返った。
一台の白い車でした。

『あっどかなきゃ』

ドアに会社のマークがはいっていた様なので営業車だったでしょう。
歩行者側を歩いてたんですが割合い細い道だったのでさらに道のふちへとよっった。
充分車が通れるスペースの筈なのに通過しない。

『おかしいなぁ、歩行者の私を抜かずにのろのろと・・・』

まるで私をつけているかの様です。
暫くしてふと私の横にその車が並び視線を感じたのでチラッと運転席を覗いてみました。
 

『キャッ!!』

30〜40歳くらいの男性でした。
・・・下半身がなんか変です。とても書けません。
強いていうなら片手運転をしていました。

一瞬自分の目を疑いましたがこれは現実なんだと我に返りました。
ここで不審なリアクションをしてはいけないと思い少し小走りに前方を直視してひたすら歩き続けました。

ところが一定の距離を保ったまま付いてくるのです。
どの角をまがっても細い道に入っても・・・
しだいに横に並ぶように車を走らせるようになったので『ヤバイ』と思い一方通行を逆に全力疾走しました。

『何なのよ、何なのよぉぉぉぉ!』

どれだけ走ったでしょうか、気がつくと自分の車に乗り込み会社に向かってかなりの速度で走っていました。

10分ぐらいの出来事だったと思いますがとても長い時間に感じられました。

今でも彼の笑顔からこぼれる白い歯が忘れられません。
真っ昼間から変質者にであってしまうとは・・・
一体私をどうするつもりだったのだろう・・・

今思うとその人度胸あったと思います。
だって会社の営業車だったし。
その会社に電話したら下手するとその人の人生終わっちゃったのでは?

なんにせよとても恐い経験でした。
若い女性の人、注意してネ。

目次 | 第9話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟