ホーム | お問合せ

登場人物

・設楽のり子
この物語の主人公。とある会社に勤めていたが、小橋リーダーに誘われて生保業界に足を踏み入れる事に。

・小橋リーダー
設楽のり子を生保業界に誘い込んだ張本人。また、設楽のり子の上司として物語の大半に絡んでくる重要人物。

・横田営業部長
第2部より登場する強烈な営業部長。ある意味小橋リーダーの天敵?

・たくみ(友情出演?)
設楽のり子の同僚。重要な部分に登場、、するは事ない(笑)。

・その他
退社していった方、多数。


第9話:チーム異動

ある日、小橋さん(私の導入者)から彼女御用達の喫茶店に呼び出しがかかった。
入社してから殆ど話しをすることはなかった。
というのも彼女は『優績者』という事で会社でも一目置かれている人だったのである。

(『優績者』といわれる人は崇められるというしきたりが有る。まぁ宗教とか
 マルチとかの上の人を崇めるのと同じ感じ。もしかしたらうちの営業部だけ
 かもしれないが)

入社して数カ月の自分が呼びだされるなんて、なんだろうとドキドキしながら待ち合わせの喫茶店に向かった。

小橋「さっ、何でも好きなもの注文しなさい。あっそうだ、お昼まだでしょ?一緒に食べ
   ましょ!」

設楽「ありがとうございます」

小橋「もう入社してどれくらいたったかしら?設楽さんの事は陰ながら応援してるのよ」

設楽「入社して半年ぐらいたちました。だいぶ仕事にも慣れましたし、川上リーダーと
   うまくやってます」
              :
              :
              :
しばらくの間こんな世間話しをしていた。
久しぶりに小橋さんと話し、内心嬉しかった。
私の事気にかけてくれてたんだと思った。

いきなり彼女は話しを急展開させてきた。

小橋「実はね、今日はとてもいい話があってきたのよ。来月から私育成リーダ
   ーに抜擢されるの。これで設楽さんと同じチームになれるわよ」

設楽「えっ?そうなんですか。とてもうれしいんですけど、川上リーダーと離
   れるのも少し寂しいですね。今までいろいろお世話になったし・・・」

小橋「あら、そんな事気にしないで。拠点長とはもう話しあいが終わってるか
   ら。この仕事をやるからにはすばらしいリーダーに育成されて、トップ
   セールスレディになりなさい。私が全部教えてあげるから」

こうして小橋さんが導入した私を始め、前田・畑口さんなどが彼女に引き抜かれ、小橋チームが設立された。
育成期間中にチームを移動する事は滅多にない。
私は『選抜された』と思い、当時はこのことを誇りに思っていた。

この時は会社の事情、小橋さんの事情、etc...
様々な事情に何一つ気付くことは出来なかった。
今思うと、この時が私の大きな分岐点だったかもしれない・・・

目次 | 第10話へ
ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟