生命保険の一般知識



○生命保険の種類


 

 

-INDEX-

 

 

終身保険
定期保険特約付終身保険

定期保険
収入保障保険
生存給付金付定期保険
特定疾病保障険
医療保険
ガン保険
養老保険
定期保険特約付養老保険
個人年金保険
こども保険
変額保険
貯蓄保険
介護保険

 

 

 

 

 

 


終身保険

 

仕 組 図


利用目的と特長

死亡保障が一生涯続くもので、死亡したときは死亡保険金が受け取れ、主に遺族の生活保障として利用されます。
保険料払込満了時に生涯保障にかえて年金受取り、介護保障等を選択できるものもあります。

定期保険特約付終身保険

 

仕 組 図




利用目的と特長

終身保険に定期保険特約を付加したもので、保険料払込期間中に死亡したときは、終身保険の5倍、10倍、20倍といった死亡保険金が受け取れる保険です。
保険料払込満了時に一生涯の保障にかえて、年金受取り、介護保障等を選択できるものもあります。

定期保険

仕 組 図
利用目的と特長

死亡したときだけの保障を目的としたもので、一定期間内に死亡したとき死亡保険金が受け取れ、満期保険金はありません。
定期保険には、保険金額が保険期間中一定で変わらない定額型と、保険料が一定で、保険金額が一定の割合で増えていく逓増型、保険料が一定で、保険金額が一定の割合で減っていく逓減型があります。

生存給付金付定期保険

仕 組 図

利用目的と特長

死亡したときの保障と合わせて、生存中は一定期間が経過するごとに生存給付金が受け取れる保険で、主に若い方に利用されます。

収入保障保険

仕 組 図

利用目的と特長

死亡したとき以降所定の期間、毎年遺族年金が受け取れます。

疾病・医療保険

仕 組 図




   
利用目的と特長

特定疾病保障保険…ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大成人病により所定の状態になった場合に、生前に死亡保険金と同額の保険金が受け取れます。この保険金を受け取った時点で契約は消滅します。
死亡した場合には、死亡保険金が受け取れます。
終身型と定期型があります。

医療保険…病気やケガで入院したり、所定の手術を受けた場合に給付金が受け取れます。医療に対する保障を主な目的としているため死亡保険金は少額です。ガンによる場合にのみ保険金や給付金が受け取れるガン保険もあります。

医療保障保険(個人型)…健康保険を補完する商品で、入院して治療を受けた場合に入院給付金と診療報酬点数に基づく治療給付金が受け取れます。死亡した場合の保障は少額です。

養老保険

仕 組 図
利用目的と特長

満期の場合も死亡の場合も同額の保険金が受け取れる保険で、老後生活資金の準備、遺族の生活保障、その他さまざまな目的に利用されます。

定期保険特約付養老保険

仕 組 図
利用目的と特長

養老保険に定期保険特約を付加したもので、死亡したときは、満期保険金の5倍、10倍、20倍といった死亡保険金が受け取れる保険です。

個人年金保険

仕 組 図



          

利用目的と特長

老後の生活資金準備のために利用されるもので、あらかじめ定められた年齢から年金の支払いが開始されます。
保証期間中は生死に関係なく受け取れ、その後は被保険者が死亡するまで受け取れるタイプ、
生死にかかわらず一定期間だけ受け取れるタイプ、
保証期間中は生死に関係なく受け取れ、その後一定期間は被保険者が死亡するまで受け取れるタイブなどがあります。

こども保険

仕 組 図

利用目的と特長

こどもの教育、結婚資金などの準備に利用されるもので、こどもの学齢期や満期時に祝金、満期保険金などが受け取れます。親(契約者)が途中で死亡した場合には保険料の払い込みは免除され、免除に加えて育英年金や一時金が受け取れるものもあります。

変額保険

仕 組 図


(有期型の例)



利用目的と特長

運用実績にもとづいて保険金や解約返戻金が増減する保険です。死亡した場合には、基本保険金額+変動保険金額が受け取れます。基本保険金額は運用実績にかかわらず最低保証されるので、変動保険金額がマイナスとなった場合でも基本保険金額は受け取れます。満期保険金については、最低保証がありませんので運用実績により、基本保険金額を上回る場合もあれば下回る場合もあります。解約返戻金についても最低保証はありません。投資による収益が期待できる一方、損失も契約者の負担となるのでハイリスク・ハイリターン型の保険といえます。なお、図の有期型のほかに、一生涯保証が続く終身型もあります。

貯蓄保険

仕 組 図
利用目的と特長

比較的短期間の貯蓄を目的としたもので、満期まで生存した場合には満期保険金が受け取れます。病気で死亡した場合にはそれまでの保険料払込期間に応じた死亡給付金が、災害・法定伝染病で死亡した場合には災害死亡保険金が受け取れます。


介護保険

利用目的と特長

所定の介護状態に該当し、その状態が一定の期間継続した場合に、一時金や年金などが受け取れる保険です。

 

上記のほか就業不能保障保険などもあります。また、団体定期保険、企業年金保険、財形保険、医療保障保険(団体型)など企業を通じて加入できる保険もあります。

死亡保障のある保険については、所定の高度障害状態になったときに、死亡保険金と同額の高度障害保険金が、通常支払われます。(高度障害保険金が支払われた後、契約は消滅します)

 

HOME
戻る
保険料と配当の仕組みへ