生命保険の一般知識


生命保険の見直し方法

解約以外の見直し手段

 内容をしって、「こんな保険はすぐやめる!」と走る前に、以下の手段がある事を頭においてください。場合によっては以下の手段が有効なケースもありますので。

途中から保険料を支払わずに契約を有効に続けたいとき

 

払済保険

 保険料の払い込みを中止して、その時の解約返戻金をもとに、元の契約の保険期間を変えず、保障額の少ない保険(同じ種類の保険または養老保険)に変更する方法です。

 いったん払済保険に変更した場合でも、一定の条件のもとで元の契約に復旧することもできます。

 

 

延長(定期)保険

 保険料の払い込みを中止して、その時の解約返戻金をもとに、元の契約の保険金額を変えず、死亡保障だけの定期保険に変更する方法です。延長(定期)保険期間は解約返戻金をもとに計算するので、もとの契約の保険期間より短くなることがあります。

 解約返戻金をもとに計算した延長(定期)保険期間が元の契約の満期を超える場合は満期までとし、満期時に生存保険金が受け取れることもあります。

 

保険料の負担を軽くしたいとき

 

保険金減額

 保険金額を減らし、払い込む保険料を少なくする方法です。減額部分は、解約されたものとして取り扱われます。

 

失効した契約を元に戻すとき

 

復 活

 いったん失効した契約でも、失効してから3年以内であれば、告知書(診査を必要とする場合もあります)を提出し、失効期間中の滞っている保険料および所定の利息(複利)を払い込み、契約の効力をもとに戻すことができます。復活により契約を継続した場合には、保険料は失効時と変わりません。

 

急にお金が必要になったとき

 

契約者貸付

 保険期間の途中でお金が入用になったときには、加入している契約の解約返戻金の一定範囲内で、生命保険会社からお金を借りることができます。貸付金の利息は所定の利率により複利で計算されます。未返済のまま満期を迎えたり、被保険者が死亡したときは、それぞれ満期保険金・死亡保険金から、その元金と利息が差し引かれます。

 

※これらの取扱いは会社や保険種類により異なる場合があります。

 

 

HOME
戻る
用語解説TOPへ