〜診断申込みから見直しまで〜

『診断の流れを知りたい』
『見直しの具体的なものを掲載してほしい』
『どんな診断なのか?』

様々な要望がありましたので一気に実際診断した方のやりとりを公開する事にしました。

とある方に協力(掲載許可)を頂きましたので、診断のやりとりを余す事なくほぼ原文通りに掲載していきます。なんらかの参考になれば幸いです。

で、改めてビックリしましたが、『とんでもない量のやりとり』です。
よくやってるなぁと自分で感心してしまいました(爆)

診断に関心のある人はもちろんのこと、一般の人、業界の人も必見です。
参考にしてみて下さい。

※これは生保レディ対策マニュアルにて特別編として連載しているものを載せています。

なお、診断は常に受付けております。
興味のある方は
コチラへ。
…もしかしたら電子書籍だけでなんとかなるかも。
興味のある方は
コチラへ。


●御意見・御感想はこちらたくみまで●

YFA06531@nifty.com

目次

申込み・情報収集(1)

診断申込みから情報収集まで

現在の保険について
(2-1)〜(2-2)

まず現在の保険の説明。それに対する雲上さん(診断依頼者)の質問。

転換の実際
(3-1)〜(3-2)

前回の答え&転換の実体。LAについて等。

LA詳細
(3-3)〜(3-5)

前回の続き。LA詳細。

↓分岐(左が本筋で右が脱線(?)部分)↓

保険の見直しの方法(4-1〜4-2)

(3-5)の続き(3-6〜3-7)

続き(4-3〜4-4)

続き(3-8〜3-9)

医療の考え方(5-1〜5-2)

続き(3-10〜3-11)

続き(5-3〜5-4)

続き(3-12〜3-13

続き(5-5〜5-6

続き(3-14〜3-15)

続き(5-7)=一部完=


第2部
必要保障額算出

遺族年金

教育資金

生活費の変化

必要保障額算出

まとめ

必要保障額を受けて(A-a〜b)

実はここらからようやく具体的な話に突入だったりします。

続き(Aー1〜2)

まぁ…ちょっとだけ具体的な提示があります。

さらに続き(Aー3〜4)

診断はまだまだ続きますが、一応ここで一区切り。


番外編

養老保険

積立て複利による商品分析。参考になるでしょう。


診断申込み][貯蓄診断編][HOME