診断の実際

~診断から終了まで~

前書き

奥様が旦那の保険(家庭の保険)を見てくれ、という依頼です。比較的オーソドックスな家庭、一般的な生保加入でした。
(当然悪い意味での「オースドックス」)

未だに国内生保のシェアが大半を占めていますから、あてはまる家庭も多いという事で掲載に踏み切りました。

参考に、なるかな??

申込み

はじめまして、たくみさま。
保険診断をしていただけるということで、どうすればお願いできるのか、メールしてみました。

私は昨年11月に結婚し、現在夫の入っている生命保険に関して、見直しをした方が良いのではないかと思い、このMLを購読し始めました。が、、、はっきり言って、夫の保険がどうなのか? 今後どうしたらいいのか?が解らないのです。

夫の話だと、「もうすぐ、支払い保険料が大幅にアップするんだよ」ということですので、ちょっとヤバイ? という感じです。 7月にはマンション購入も考えていますので、早急に対処せねば。 ということで、ぜひぜひ保険診断をお願いできればと思います。

先日、入っている保険会社に見直し案を作ってもらったところ、支払い保険料が、¥15000もアップしていました。 「ふざけるなーー!」と言いたいところでしたが、もうすぐサヨウナラかもと思って、こらえました。


<現在加入している旦那の生命保険>

明治生命<愛>(定期付終身)

保険料:24144円
死亡保障:7000万
_________
※この方の場合は「明治生命」に加入、そしてLAに転換を勧めると言う王道パターンでの販売ですね。 以下、診断を行うにあたっての情報です。 なお、L.Aについて、『お払い込み頂く保険料について』という部分(設計書の恐らく4枚目) (右上に4ページとかいてあります。ついでに5ページのも)

転換の部分でしっかりと説明していきますが、この部分が「ミソ」となります。(積立金の部分がマイナスとなっているケースもあり!)


◆家族構成について

ご主人:お名前[雲上a]
生年月日   [41歳]
奥さま:お名前[雲上b]
生年月日   [36歳]

私の子供についてですが、近いうちに1人という所でしょうか。


◆収入について

ご主人:月平均収入 [34]万円
   年間賞与合計[220]万円
奥様 :月平均収入 [ 0]万円
    年間賞与合計[ 0]万円


◆ご職業および勤務年数について

  ご主人
 [○]会社員(正社員)、勤務年数[15年]
  奥さま
 [○]専業主婦
※3月末で退職予定

  ◆ご主人の退職金について

 ご主人のおおよその退職金をご記入下さい
 [ ?1000ぐらい?]万円


◆お住まいについて

現在は賃貸(家賃13万)ですが、7月にマンション購入予定(契約済み)です。


◆お子様の将来の進路について

 どこまでの進学(学歴)を望みますか?
 [○]大学まで(私立でも構わない)


◆ご主人のお葬式について

 ご主人のお葬式はどのような感じがご希望ですか?
 [○]ひっそりと   (50万円くらい)


◆お子様の結婚資金について

 どのような感じがお望みですか?
 [○]ひっそりと(50万くらい)


◆1ヶ月の家計の支出について

支 食費・・・・・・・・・・・・・[40,000]円
出 住まいの賃借料・・・・・・・・[   ]円※
 住宅ローンの返済・・・・・・・・[110,000]円※
 ※どちらか一方にご記入下さい
  ローン返済(車・カード等)・・・[  ]円
  ガソリン代・・・・・・・・・・・[5000]円
  通勤・通学の定期代・・・・・・・[  ]円
  駐車場代・・・・・・・・・・・・[20,000]円
  公共料金・・・・・・・・・・・・[20,000]円
  電話代・・・・・・・・・・・・・[5,000]円
  新聞代・・・・・・・・・・・・・[3,700]円
ご主人の携帯電話代・・・・・・・・・[  ]円
その他携帯電話代・・・・・・・・・・[8,000]円
お子様のの塾&習い事・・・・・・・・[  ]円
  衣料品・日用品・・・・・・・・・[15,000]円
  交際費・・・・・・・・・・・・・[10,000]円
  ご主人のお小遣い・・・・・・・・[40,000]円
  その他雑費・・・・・・・・・・・[10,000]円
   社内預金・・・・・・・・・・・[10,000]円

保 ご主人の保険料・・・・・・・[3,7274]円
     内訳:ガン       ¥1800
             自動車¥11330
            生命保険¥24144
険 ご主人以外の保険料・・・・・・[1000]円


◆今までにためた貯蓄について

※住宅購入の頭金として、私の退職金といままでの貯蓄を合わせて1200万を使いますので、現在は0となります。



補足&解説

診断を施す場合、最低以上のような情報を聞き、診断していきます。 以上の情報を如何につかっていくか、以後お楽しみに。

次回からは『本格的なやりとりの掲載』となっていきます。

Copyright(c) 2017 保険クリニック裏病棟 All Rights Reserved. Design by http://urajijou.world.coocan.jp/