診断の実際(14)~遺族手当~

~診断から終了まで~

診断の実際(診断から終了まで)~遺族手当~


もしも旦那様に万が一があった時、いったいどれだけの手当てがあるのでしょう? 以下にまとめてみました。
月平均月収
奥様の年齢
子供の数
340000円
35歳
1人
長男(女)の年
末子との年の差
葬式代
-2歳
0歳
500000円
子供の結婚資金
貯金
死亡退職金
500000円
0円
10000000円
※子供が2年後に出来たと仮定

遺族基礎年金期間 17年
一部期間 0年
奥様65歳まで 10年

※平均月収×7.5/1000×300×1.031×3/4= 869906(遺族厚生年金)

※市&県からの育英手当て(一人につき)月4500円+2300円=6800円

※子供がいないときには遺族年金と育英手当ての給付はない。(35歳未満の場合遺族厚生年金のみ)

※18歳未満の子供がいなくなり35歳以上になったときには遺族厚生年金と寡婦年金603200円(一律)が貰える



■子供が17歳以下の時
遺族基礎年金 804,200円
子供の加算 231,400円
遺族厚生年金 591,536円
育英手当 81,600円
平均年収 1,708,736円
平均月収 142,395円


■18歳未満の子供がいなく、かつ奥様が35歳以上の場合
遺族厚生年金 591,536円
寡婦加算 603,200円
平均年収 1,194,736円
平均月収 99,561円


Copyright(c) 2017 保険クリニック裏病棟 All Rights Reserved. Design by http://urajijou.world.coocan.jp/