診断の実際(17)~必要保障額算出~

~診断から終了まで~

診断の実際(診断から終了まで)~必要保障額算出~


生活費の変化で算出した現在と手当支給後の差額を『不足金』とします。 奥様が65歳までの不足金の合計を以下に記します。

遺族基礎年金期間(17年) 21,316,908円不足
奥様65歳まで(10年) 14,299,358円不足
合計(27年) 35,616,265円不足
※2年後出産という仮定より

この金額を『生活必要保障』として生命保険会社では算出しています。が、はたして現在の収入で出来るであろう余裕資金まで保障する必要はあるのでしょうか?『国・市等からの手当ー旦那死亡後の生活費』の不足金額の合計を本当の『生活必要保障額』といった方がいいのではないでしょうか?以下に記します。

遺族基礎年金期間(17年) -4,868,396円不足
奥様65歳まで(10年) -1,103,763円不足
合計(27年) -5,972,159円不足


御覧の通り、生活費だけを見れば遺族年金等でほぼ今と同じ生活を送れる事が分かります。

生活費の他に子供の教育費・結婚式費用、旦那の葬式代を総合したものが旦那の必要保障額といえます。以下にまとめます。

結婚資金 500,000円
教育費 9,639,087円
生活費 -5,972,159円
葬式代 500,000円
死亡保障合計 4,666,928円


上記の金額は貯金等の財産、手当てが一切ないケースです。それらをふまえて本当に必要な金額を算出します。

現在の貯蓄 0円
死亡退職金 10,000,000円
健康保険死亡手当 340,000円
合計 10,340,000円


この合計金額を先程の死亡保障からマイナスした金額が補正死亡保障です。

補正死亡保障………… -5,673,072円

Copyright(c) 2017 保険クリニック裏病棟 All Rights Reserved. Design by http://urajijou.world.coocan.jp/