電子書籍紹介の部屋


生命保険加入関連電子書籍紹介「ストレスのたまらない保険営業の仕方」たくみ著

 保険営業の仕方に行き詰まっているあなたにこの1冊

電子書籍紹介


ストレスのたまらない保険営業の仕方
〜このやり方で保険が取れない訳がない〜 

                  たくみ著  本体1000円(税込) 98頁

保険の営業、皆さんはどうやっていますか?
職域・飛び込み・知人紹介etc…

自分自身の分野は「飛び込み」でした。
元々、特別な事を別にやっている訳でもない、特に特出したトークがあった訳でもない。。
個人的には「ごく当たり前の事」を、営業をやる人なら絶対やっているだろう、という事をやってきただけ…と思っていました。

保険屋を辞めて2年。
実際、様々な人とやりとりしたり、会ったりしました。
驚いたのは…営業ノウハウ自体が全くといっていい程持っている人が少なかった事でした。
外資系の人の場合、この傾向は特に強く、殆どが「飛び込みなんかやった事ない」「知人からの紹介が全て」というような方ばかりでした。
知識自体は素晴らしいものがあるのに、勿体無いなぁ…とよく思ったりする事です。

営業ノウハウという点で考えれば、実は国内生保のが優れているのかな?と個人的に感じています。(あくまでも全体的にみて、という話ですが)
それでも、職域主体だとか、既契約回りとかが主だという声、よく聞こえてきます。
個人的に、これもまた非常に勿体無いなぁ、と思う点です。

HPをやっていると、様々な相談を受けるのですが、比較的多い質問の中には「営業のやり方どんなのがありますか?」というモノがありました。
まぁ…これは実際に営業をやっている人達の永遠のテーマかもしれませんが(笑)

正直、どれだけ需要があるかどうか、分かりませんし、自分の営業手段が絶対に有効かどうかは分かりません。
一部の人だけでも「おぉ、参考になるよ」と思っていただけたら、と思い、この書籍を書く事に決めました。

最初に一言だけいっておきますね。

「別に特別な事、特殊の人しか出来ないような事は、絶対にありません」

自分は営業が苦手とか、トークが下手だとか、人見知りする、、、んなもん、関係ありません。
なんてたって、自分がそう思っていたわけですから(笑)

今、営業にて行き詰まっている方、今以上の発展をしたい方、何かの参考になれば幸いです。

 

…まえがきより…

 

〜〜目次 〜〜

第一章

+営業とは?
+保険営業に対する考え方
+保険は一体誰から加入するのか?
+遊びの発想〜営業は楽しいもの
+発想の転換
+自己流、営業の極意

第二章

+飛び込みのススメ
+自分の行動パターン
+1日の飛び込み件数
+理想の飛び込み営業とは?
+自分がやってきた事〜飛び込みの具体的手段〜
+飛び込み詳細(目安を定める)

第三章

+プレゼントの使い方
+相手の喜ばし方
+見直しのタイミング
+顧客の見切り??
+嫌われない営業マンとは?
+訪問ネタの為の兼業??
+GNP営業は…
+気をつける点
+成果が出るまで期間は?
+楽をしたい??
+ロープレ話法
+証券診断
+国内生保専用の事
+飛び込み以外でやっておいた方がいい事
+やってはいけない事
+勉強はどうすれば…

第四章

+自分がやって失敗した営業方法・飛び込み先
+自分がなし得なかった営業先
+上手くいった意外な営業先

+終わりに


+皆様から頂いた書籍を読んでの感想
+生保営業を楽しんでやる方法〜ストレスの溜まらない保険営業の仕方、第2弾〜の紹介
+スランプに陥った時に読む保険営業本 new!

 書籍のご注文詳細はこちらからお願いします。


[電子書籍の部屋][HOME]