診断の実際〜貯蓄編〜


 


【貯蓄情報(1)】



ちょっと数字が古いので注意してください。
中期国債ファンド・外貨貯金など、今はもっと低くなっています。
(外貨で1%弱)

とりあえず、どうぞ。



◆貯蓄商品の考え方・選び方

まず、現在の銀行貯蓄の数字を見て下さい。

普通貯金で0.1%、税引き後は0.08%となっています。・・・(1)
定期貯金で0.15〜0.5%前後・・・・・・・・・・・・・・・(2)

(1)(2)を毎月1万ずつ積立てた場合

10年後
20年後

(1)

1204234(120万)[+4234]

2416210(240万)[+16210]

(2)

1226800(120万)[+26800]

2504605(240万)[104605]


もうかくまでもないですね。
現状では『銀行に預けておくだけでは資産増加はムリ』です。
ただ、この『現状では』という点を覚えておいて下さい。


◆現在保険での確定利回り商品に入るのはソン!

『今、非常に低金利なので保険のがトクですよ』

このようなセールストークが一般的に遣われています。
終身保険、個人年金、養老保険etc...

一見、ヒジョーにいい金融商品に見えます。

が、あえて自分は『現在絶対に入ってはいけない商品』と紹介します。


◆確定利回り

保険というのは、契約当時の予定利回りが契約終了まで変わる事は有りません。
(ここでは普通の保険の話をしています。変額は後でかきます)

現在は歴史上で類を見ない程の超低金利時代です。
ただ、この超低金利は今後も続くというかというと、絶対にありえません。

来春から金融自由化により、海外の銀行が日本に本格的に進出してきます。
ご存じかもしれませんが、ドイツやアメリカの銀行金利は4〜6%複利が当たり前です。
そう、4%をきった段階で『ストライキ』が起きてしまうぐらいなのです。
現在の日本の金利自体が『異常』なのです。
※この文は…お気付きの人もいるでしょうが、、かな〜り前に書いたものです。
 はい、今じゃアメリカもゼロ金利に限り無く近くなっている訳で…
 ここに関しての突っ込みはしないで下さいね。

ゼロ金利政策が終わり、海外の銀行が日本に参入してきた場合、日本の銀行も金利をあげざるを得ない状況になります。
そうしないと銀行が潰れてしまうので。

金利の上昇に伴い、いずれ保険会社も予定利回りをあげざるを得ません。
そうしないと銀行等に顧客が流れてしまいますから。
(さらに海外生保に顧客が流れてしまう)

予定利回りが上昇すると容易に想定できる現在、これらの保険に入るメリットは何ひとつありません。会社が長期的に存在するかどうかもアヤしいですし。。。

以前メールマガジンで掲載した海外FPの人の言葉を借りるなら、

『1%程度の利回りが長期的に続いてしまうリスク』

といっていいでしょう。

具体的に数字を出していきます。
現在確定利回りで一番いい利回りである「あんしん生命」で例えます。

長割り終身の予定利回りは『2.75%』でまわしているのと同じ計算になります。

。。。。。。。。。。。。。。。

終身(長割)200万・・・月34700円(37歳加入で60歳まで)

総払込合計=41640円(年)×23年=957720円
60歳での解約金・・・・・・・・・約120万 円

※払込終了時点の解約金は保険金額の約6割です。

この数字は約1.84%複利で毎月積立てた数字と同じです。

銀行等で金利が1.84%複利以上になったら、銀行に預けた方がトク。
※これは生保にもいえる事です。

複利1.84%程度なら、近々なるでしょう。
そうなった場合、同じ額を銀行に預けていった方が貯蓄率がよくなります。
この程度の金利商品は加入しているだけ無駄です。

実際、他の商品はさらに利回りが悪くなります。
当然、お勧めできません。


◆インフレ

あと一つ、致命的な弱点があります。
インフレに対応していない点です。
インフレとは『物価上昇』『金銭価値の低下』という事です。
そう、今の100万と将来の100万では全く価値が違ってしまう可能性が高いという事です。

例をあげます。

昭和48年時点での大卒の初任給・・・・7〜8万
現在の大卒の初任給・・・・・・・・・・約18万

20年ちょっとで倍以上値段が変わったという事がわかります。
終身保険、年金は確定利回りで長期のものです。

はたして現在と同じ貨幣価値でしょうか?
同じ20年ちょっと後、きっと今の金額の半分以下の価値にしかなっていないでしょう。

そういう意味でも、『通常の貯蓄商品(保険)』はお勧めできません。

 

◆結論

『貯蓄は貯蓄、保険は保険』とわけるのがいいといった理由をかいていきました。
では、どういったものが現在あるのでしょうか?
以下、載せていきます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

<日本円で安全性が高いもの>

投資信託、この言葉は聞いた事があるかと思います。
なんか「損するかも・・・」と思われている方も多いでしょう。
が、『確実なもの』も中にはあるのです。
※はい、、2年以上前の情報ですので、全く当てはまりません事を前提にして下さい。今じゃ…MMFが元本割れ〜なんてありましたし…敢えて、この貯蓄情報は昔のものを訂正いれずに掲載しています。その理由は…読んでいけば分かるかと思います。 


【公社債】

簡単にいうと、「国にお金を貸す」といった感じです。
サラ金会社等、お金を貸したら利子を取りますよね?
これを自分がやる、と考えてもらえばいいです。
当然利子をつけて返ってきます。

各社により違ってきますが、年複利1.5%〜2.5%程度です。
当然100%とはいいませんが、国が潰れる可能性は・・・ないでしょう。
※ははは、こんな時代もありましたねぇ。国が潰れる可能性…大いにあるよ(笑)

一部の銀行、証券会社で取扱っています。
単位は1万程度から。

まぁ銀行や保険会社に預けるくらいなら、ここに預けていてもいいでしょう。

ちなみに1万につき105円の解約手数料、分離課税がとられるので短期解約する分には向いていません。

※何度も書くように、これは今では通用しません。間に受けないでね。


【中期国債ファンド】

公社債と同じく、安全性が高いものです。
銀行の口座の変わりに充分なりうる商品です。
年複利で1〜1.5%前後。
とりあえずいい商品が出るまで様子を見る、という時はここにお金をいれていてもいいでしょう。
ちなみに現在自分は様子見、という事でここに財産をおいています。
一部の銀行・証券会社でとりあつかっています。
ただ、人気が高く、募集うちきりとなるケースが多いですので確認して見て下さい。

※ははは、こんな時代もありましたねぇ。当然、今では全く夢のような話ですので間に受けないように!


◆投資信託とは???

以上、代表的な「ほぼ確実に利回りを稼げる商品」をあげました。
が、他にも沢山商品はあります。
なんちゃらファンド、とかいろいろあって訳分からないでしょう。

投資信託とはなんぞや?
一言でいうと、『大体の傾向を伝え、運用する人にまかす』というものです。
世界投資型、などというのは『世界のものを中心に運用してみてくれ』みたいな感じです。

安全性を重視(国内、国外)、一発勝負(国内、国外)ってな具合に選べるのですね。

当然、商品によっては結果的に年平均利回りが10%をこえる事になるかもしれないですし、逆に元本割れをおこす可能性も大いにあります。

現在のところ、自分は手を出していません。
『これだ!』と思えるものが見つからないので。

※2年以上経過今となっても…ここは同じっす。。。


◆株とは????

投資信託はある意味「ファジー」なものといいます。
まかせるわけですから。
反面、株はモロ「デジタル」です。
考え方は『自分が◯◯という会社に金を貸す』です。
投資、という言葉が使われますが、自分は『金を貸す』と理解しています。

基本的に利息は『気持ち』といった所でしょう。
『ごめん、これだけしか返せないわ』と、貸したお金より少ないお金しか戻ってこない場合もありますし、『いやぁ、今金があるから3倍にして返すよ』と、が〜っと戻ってくる事もあります。

一応配当、というのがありますが、『ジャンプ』と同じ考えでいいです。
サラ金でいう元本による利息分だけ払ってもらう、というものです。

投資信託もそうですが、ある程度の研究が必要でしょう。
あるじゃん、ZAI、ISIZE等一度はよんでみて下さい。
この銘柄ばかりは、『これがいい!』と自分がすすめる訳にはいきません。
損した場合の責任を負う事はできませんので。

面白いものがあります。
野村証券のバーチャルの株取り引きゲーム。
一度これをやってみてもいいでしょう。
http://www2.nomura.co.jp/html/about_index.html

※なんか自分で自分を批評しているようです(笑)まぁ…強引ですが大幅に間違った解釈ではないかな? 


◆外貨系

外貨貯金って、聞いた事ありますか?
年複利4〜5%前後。
正直、日本の金利を考えると断然いいです。
日本の金利が狂っているのがよくわかるかと思います。
この数字が『世界水準』なんですよ。

※うぅ…ホントこんな時代があったんですなぁ。。
 今じゃ…1%割れしちゃうし…

ただ、以下の手数料が現在はかかります。

日本円→ドル・・・・・・1円(TTS)
ドル→日本円・・・・・・1円(TTB)

これに分離課税がとられますので、表面上の数字より悪くなります。

あと、為替リスクというものもあります。
現在1$116円程度。
将来お金をおろす時、円高(例えば1$100円)ならソン。
逆に円安(1$200円)ならばトクとなります。

ただ5〜10年と預ける事により、為替リスクは限り無くなくなりますのでこれも1つの選択手段に考えてもいいでしょう。

この外貨もので、特にお勧めできるのが以下の所です。

大和銀行(外貨の達人)・・・年利5%
              為替の手数料が往復で1円
http://www.daiwabank.co.jp/home.htm

東京三菱・・・・・・・・・・1万程度から毎月積立てできる
http://www.btm.co.jp/

三和銀行(運用セレクトプラン)外貨定期、投信が50%ずつという
               もので、なんと現在金利が10%!
http://www.sanwabank.co.jp/

※なんか…「いい時代もあったなぁ」としみじみ思います。
 2年程前の話なんですよね…これが、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一度に全部送ろうと最初は思いましたが、かなりの量となってしまいましたので、ここまでにしておきます。

『公社債』『中期国債ファンド』、あとは銀行外貨貯金のHPはチェックしておいてください。

御質問は随時自分が分かる範囲でしたらお答えします。

次回は『保険を利用した場合のメリット、今後について』です。



【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q1)

(中国ファンドについて)「○○月○○日に償還します」てなところ多いです。償還ってなんですか?

Q2)

公社債、中期国債ファンドは、証券会社のHPでチェックすればよいですか?

Q3)

公社債も中期国債ファンドも、預けるとき100万なら100万と固定ですか?
少しずつ解約や、少しずつ増やすことできますか?

Q4)

複利の計算方法はどうやるのですか?

Q5)

分離課税とは?

Q6)

一般的に言って、どの程度が長期となりますか?

Q7)

あるじゃん、ZAI、ISIZE等はやはり読んだ方がいい?

Q8)

株はやはり考えた方がいい?

Q9)

たくみさんのお勧めは外貨貯金かなって思ってました。
アメリカよりヨーロッパですかね?


 [目次] [次へ] [貯蓄診断(?)問い合わせページ] [HOME| 保険診断| 電子書籍| 問い合わせ|
">診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]