診断の実際〜貯蓄編〜


 


※これは、以前海外FPの人に自分が習った際にかいてもらったものです。


<オフショア講座 〜第2回〜>

「オフショア生保の十八番」

 

◇ オフショア生保の秘密

その昔、為政者である英国貴族が作り上げた重税社会。社会保障制度を充実させ、国力増強の財源となったはいいが、自らの富までが侵食されるのは不本意であった。
そこで、彼らは植民地をタックスヘイブン化することを思いつき、かくして特権階級の資産は、「オフショア」で保全され、子々孫々にまで伝えられるようになったのである。

例えば、1000年以上も安定した自治政府を維持し、投資家保護規定もしっかりしているマン島には、生命保険会社が多い。
しかしながら、前号でも触れたように、日本の生保とは、かなり業務内容が異なり、保障というよりも、何代にもわたる資産の保全と、長期運用が主眼となっている。

 

◇ ある20代独身女性のポートフォリオ

まだ独身のうら若き乙女がいたとしよう。
日本なら、さしずめ、保険は早い内に加入した方がおトク、などと言って、定期付終身保険(死亡保障は合計で3000万円というところか…)を勧められる可能性が高い。
が、オフショア生保だと、こんなプランを出して来る。

月々2万円の積立プラン

積立期間:

5年以上、任意

投資先 :

a)Fidelity Funds European Growth

20%

b)Investec Wired Index Fund

20%

c)Invesco GT Healthcare Fund

15%

d)ACMGI Global Growth Trends AX Fund

30%

e)Baring High-Yield Bond Fund

15%



投資配分やファンド銘柄の変更は、年最大12回まで無料で引受けてくれる。
ちなみに、それぞれの騰落率は、以下の通り:

過去6ヶ月
1年
3年

a)

9.92%
37.26%
79.82%

b)

7.99%
55.66%
NA

c)

20.00%
15.91%
53.10%

d)

10.46%
35.92%
83.63%

e)

6.10%
17.48%
3.98%
    

少々乱暴に、過去1年間のデータを元に試算すると、年率34.4%のポートフォリオとなる。
もちろん、現代ポートフォリオ理論をかじったことがある方は、リスクは各々のファンドのボラティリティーの加重平均よりも小さくなることをご存知であろう。

もちろん、このパフォーマンスが一定であるわけはないが、これまで、それぞれのベンチマークやセクター平均を少なからず上回る成績を誇っているファンドばかり。
その気になればウェブでも簡単に検索できる。
詐欺にあって、得体も知れない外国銀行のCDを大量に買わされてしまうような運用とは次元が異なることは明白だ。

将来、これに死亡保証などを必要に応じて追加して行くが、条件によっては、保険料を増やさず、積立金から必要コストを差し引くだけで足りることもある。

こうした商品を売るのは、もはや金融のプロ達であり、10人10色のポートフォリオ作成のために、細かいファクトファインディングを重ねて行く。そして、加入者が納得行くまで、何種類ものポートフォリオを検討し、シミュレーションを行うのだ。

残念ながら、このサービスを全て日本語で請け負ってくれるところは少ない。
日本の保険業法上、国内では営業できないのだから、あったら違法ということになる。
賢い消費者は、英語力を磨いて、海外に船出するしかないのだろうか…。
規制緩和が待ち遠しいと思うのは、筆者ばかりではあるまい。



【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

ボラティリティーって何ですか?

Q)

騰落率って何ですか?

Q)

セクターって何ですか?

Q)

CDって何ですか?

Q)

海外ものは信用できるのか?

Q)

契約者保護はどこのものが適用になるのか?

Q)

オフショア商品に手を出す程度の知識は何が必要?

Q)

知名度という点でデメリットがあるでしょうが、ある程度の教育をしていけば全く問題ではない気もします(たくみ談)


 [目次] [戻る] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [HOME| 保険診断| 電子書籍| 問い合わせ|
">診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]