診断の実際〜貯蓄編〜


 


※これは、以前海外FPの人に自分が習った際にかいてもらったものです。


<オフショア講座 〜第7回〜>

「リスクヘッジのリスクをヘッジする!?」

◇ 保険資産もヘッジしよう

保険の本来の目的は、起こり得るリスクをヘッジすることにある。
死亡リスク然り、被災リスク然り。
よって、最近流行りのデリバティブと、基本概念は同一である。
その証拠に、保険料も、オプション料も、英語ではPremiumと呼び、リスクテイクの対価と表現している。

さて、掛捨ての保険は、保険料のほとんどが確率(死亡率、被災率など)と経費率で決まるので比較的単純だが、運用利回りがモノを言うユニットリンク型や、ユニバーサルライフ、日本で言えば変額保険に加入していた場合、保険資産のリスクヘッジが必要になる。
厳密には、保険資産を含む保有金融資産のリスクヘッジである。

例えば、ちょっと先進的な保険だと思って、世界バランス型とでも言うべきファンドにリンクする保険に加入していたとする。
世界中の株に分散投資し、さらに、株だけではなく、固定利付きで元本保証性の高い債券にも投資するという典型的なパターンである。
(せっかく数十種類の選択肢があるオフショア生保のファンドメニューを見ても、つい、日本でお馴染みのパターンにはまってしまうのが、ちょっと悲しいが、どうも日本人にはこれが一番安全に映るらしい。)

言うまでもなく、株・債券・為替のトリプル安に襲われてしまったら、上記のポートフォリオはひとたまりもない。
株の比率が大きければ、世界的な経済低迷時には、これまたなす術もなく、じりじりと含み損が増えて行くのを眺めているだけである。
こういう時に限って、どうしてもまとまった資金が必要になったり、臆病風に吹かれて、含み損に耐えられず、損切り(=解約)してしまったりする。

では、どうしたら冷静沈着にいられるのだろうか。
実に簡単明快、ヘッジしておけばいいのである。
世界株へのエクスポージャーが大きいと思ったら、世界株式指数と逆相関あるいは相関の低いヘッジ・ファンドを適量組み合わせておく。
ファンド選択が適切であれば、ポートフォリオ全体のボラティリティー(変動幅)は、ぐっと低くなり、どんな相場環境でも安定的にリターンが出る資産ができ上がる。
もちろん、大儲けもしない代わりに、大赤字もない。
「面倒だからと運用先も確認せず一任していたら逆鞘で破綻してしまった」では、もう済まされない。
これは、自分で宿題をせず、友人のを丸写しにしたら間違っていた、と友人を責めるのに似ている。

小さな保険金額であれば、そう目くじらを立てることもなかろうが、PPBのように大きな金額であればあるほど、ヘッジも含めた綿密なポートフォリオ・マネージメントが必要になる。
ところが、当然、本業に忙しい顧客にそんな時間もなければ、金融機関での特別な経験がない限りノウハウも情報源もない。
だからこそ、ファイナンシャル・プランナーの出番がある。
保険の勧誘はその気になれば誰でもすぐできるが、ポートフォリオ・マネージメントは一生のサービスであり、プロの仕事である。
保険資産も金融資産の一つと見て、総合的なリスクヘッジをしてこそ、本来の目的を発揮してくれるのだと思う。

次回は、誤解の多いヘッジファンドについて、基本的な戦略を紹介する。
PPBを通して組み込む時の参考になれば幸いである。

-------------
※この次回は…前の方に書いたヘッジファンドの文章そのものです。
 
こちらを御参照下さい。
-------------



【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし


 [目次] [戻る] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]