診断の実際〜貯蓄編〜


 


<オフショアのメリット>

診断の流れにもちょくちょく出てきますが、ここで一度まとめてみます。


◆税金がかからない

分離課税、キャピタルゲイン、相続税、贈与税etc…
これらは一切オフショアにはかかりません。

一番分かりやすい、分離課税について、比較してみます。
※計算がメンドいので分離課税は一律20%として計算します。

<100万、年率10%の場合>

分離課税を取られる
取られない

1年後

108万
110万

2年後

116.64万
121万

3年後

125.9712万
133.1万

4年後

136.0489万
146.41万

5年後

146.9328万
161.051万

分離課税は…利子についてかかる税金です。
100万で10万増えたとしたら、10万*20%=8万、という具合に。
同じ利回りの金融商品なら、、上記のようにボディブローのように分離課税がある、ないで変わってくるのが分かると思います。

これは、、キャピタルゲインに対しても同じ。
(キャピタルゲイン…まぁ簡単にいうと株・土地の売買で得る差益という意味)

相続税に至っては…大半の人が関係ない分野ですが…当てはまる人にとっては、さらに税がないというメリットは大きいでしょう。
贈与という点でも同様。


少々脱線しますが、共同名義の話もちょっとしてみます。


<共同名義>

読んで字のごとく、共同に名義を持つ事。
日本の銀行で出来るかどうか分かりませんが、AさんとBさん2人が1つの口座を持つ、という事です。
それぞれの共通口座ですので、どちらでも引き出しも預け入れも可能です。

で、オフショアは無税だよ、と上に書いていますよね。
実は…こんな事できます。

Aさんの共同名義にてBちゃん(Aさんの子ども)を設定
       ↓
Aさん死亡
       ↓
Bちゃん結婚し、子どもが出来、C君を共同名義に設定
       ↓
Bちゃん死亡
       :
       :


はい、延々と代々資産の引き継ぎが税により目減りする事なく可能なんですな。

ちなみに、この共同名義に設定できるのは、親族でなくてもOK。
恋人だろうが、友人だろうがOKです。
って…あまりこういうケースはないでしょうけどね(笑)

余談ですが、生保の死亡受取り人設定も同様、海外では親族でなくてもOKだったりします。


◆守秘義務

オフショア金融の場合、この守秘義務が徹底しています。
日本の場合ですと、比較的容易く残高等調べる事が出来たりしますが、オフショアの場合、「その人がそこに口座を開いているか否か?」すら情報が漏れません。
代表的なのが、スイス。
ここは…法により守秘義務が徹底されていたりしますからねぇ。
基本的にオフショア地区にはこの守秘義務の法が整っていたりします。

よって、一度オフショア金融に突っ込めば…いくら増えたか他からは「へへん、オフショアにて○○円プラスになったよ」とでも言いふらさない限り、誰もが調べる事は不可能です。

…まぁ、、国際レベルの犯罪者(ビン・ラディン等)の場合は、強制捜査がかかるでしょうから、さすがに難しいでしょうけどね(笑)
(一般人レベルでは、全く関係ない話っすけどね)

オフショアのメリットにて一番大きいのが、、この守秘義務なのかもしれません。
(と、自分は思っている)


◆保護法

「いくら有利でも、潰れたらどうなるねん!」

ごもっともです。
が、保護法が当然のようにあります。

例えば、オフショア生保のほとんどがマン島で設立されています。
マン島は、イギリスとは別に、独自の契約者保護条例があり、生保のLiabilityの90%は、各生保の積立金(預金保護機構に銀行が拠出する保険料のようなもの。)によって、保証されます。

格付け自体も、A以上の所が多い…というかこれ以下の所は基本的に情報として流さないので、下手な日本の銀行よりもよっぽどかマシかもしれません。




「利回りがいい」等とオフショアを紹介している所があります。
年利100%とか、ね。
ただ、「利回りがいい」というだけなら、オフショアじゃなくてもいいです。
海外に出れば、いろんな商品がありますからね。

ちなみに…「利回り100%」なんてのも、あるでしょうが、当然それに伴うリスクがついて回る事を理解しておいてください。

「利回り100%の時もあった」
「利回り100%を目標」

な〜んて裏があるものですよ(笑)


後、勘違いしがちなのが、「オフショアでも日本と同じ系列ファンド等があったりする」事なんですね。
日本株戦略型〜なんてのも、実際あったりします(笑)

あくまでも「日本よりも選択肢が広く、税制メリットが大きい」という事なんですね。
いくら税制メリットがあったとしても…将来見込みのない選択をしたら…意味ないっすよ。。
(日本戦略型〜なんてのは…発売以来価値が1/3程度になっている(笑)って、当然日本で買っても同様ですけどね)


次回以降、少々具体的になってきます。
上記の点を踏まえ、以後読んでいってみて下さい。

後、当然リスキーなものも商品としてありますが、基本的に自分はローリスクなものが好きなものですから、そんなリスキーなものは出てこないかと思います。
(それでも、日本と比べれば数十倍マシですけどね(笑))

ではでは。



【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし


 [目次] [戻る] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [HOME| 保険診断| 電子書籍| 問い合わせ|
">診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]