診断の実際〜貯蓄編〜


 


◆Scottish Life International

概要:5つの中からファンドを選択、そして積立てていくというもの。
   日本でいう「日経トピック連動型〜」みたいなインデックスファンドです。
   一応、生命保険です。

Scottish Life Internationalのインデックスファンドですが、以下の5種類があります。
「連動」と言っても、前回、お話した通り、4半期の最大ロスは3%に限定されます。少し古いデータで恐縮ですが、1984年6月から99年6月までの利回り比較も載せて見ます。

(1)Protected US Index Fund
   S&P500指数に連動。
  オフショアの米国投資ファンド平均利回り(損失限定安全弁なし)……13.7%
  Scottish Lifeの平均利回り…………………………………………………13.4%

(2)Protected UK Index Fund
   FTSE100指数に連動。
  オフショアの英国投資ファンド平均利回り(損失限定安全弁なし)……13.9%
  Scottish Lifeの平均利回り…………………………………………………15.8%

(3)Protected Japan Index Fund
   NIKKEI225指数に連動。
   オフショアの日本投資ファンド平均利回り(損失限定安全弁なし)……9.3%
   Scottish Lifeの平均利回り…………………………………………………9.8%

(4)Protected Europe Index Fund
   EUROSTOXX50指数に連動。
  オフショアのヨーロッパ投資ファンド平均利回り(損失〜弁なし)……17.6%
  Scottish Lifeの平均利回り…………………………………………………18.1%

(5)Protected Multi Index Fund
   (1)〜(4)のミックスに連動。
  オフショアの世界株ファンド平均利回り(損失限定安全弁なし)………10.2%
  Scottish Lifeの平均利回り…………………………………………………14.6%

このデータのポイントは、損失限定の安全弁がついているにも関わらず、実際のリターンは、丸腰で指数ファンドに投資した場合よりも、高くなっているという点です。

お客様に特別な思い入れがない限り、たいてい、ミックスタイプに落ち着くようです。

通常のマルチインデックス型投信は、それぞれの市場の時価総額比を目安に、投資配分が決められますが、Scottishの場合、これに加えて、綿密な市場分析を加え、時価総額比を無視して、アロケーション(配分)の見直しが必要な時(例:バブル崩壊後の日本市場)は、プログラムに基づいて、ドラスティックな調整を行うことで有名です。


【Q】

要約すると、4半期でのマイナスは例え10%になっても3%でとまるよ、というものですね。

【A】

はい。そうです。厳密に計算すると、もし、年間を通して、下がりっぱなしだった場合、最悪、年11.47%のロスは覚悟しましょう、ということになります。が、次の四半期は、下がりきったところをスタート・ラインとしてカウントを開始しますので、よほどの恐慌でもない限り、最悪の事態が発生する確率は低いです。

【Q】

このprotectionは毎年変更できるものなのでしょうか?
(元本保証から、3%プロテクトなどあるが)

【A】

毎年どころか、四半期毎に見直しできるんです。ちょっと面倒かも知れませんが、外貨ベースでは、元本を守ることができます。でも、いつもガチガチにプロテクトしてしまうと、本当に預金並か、手数料を考えれば、それ以下になってしまう確率が高いんですよ。

預金と同じ安全度を求めれば、当然、利回りも抑制されるのは当たり前の話なのですが、これがなかなか上手く伝えられなくて。

【Q】

で、各ファンドは「地域を指定」と「全世界に平均して投資」という意味ですね。

【A】

はい。「全世界に平均」かと言うと、厳密には、満遍なく投資するのではなく、伸びそうな地域には、配分を多く、停滞気味のところには少なく、といった感じです。

【Q】

で、この会社のファンドマネージャーはちょいと他と違い、優秀よ、とざっくりかくとこんな感じですね?

【A】

そうですね。たくさん、オフショアの「優良ファンド賞」とか、「優良新商品賞」の類を受賞しています。(パンフに写真が出ています)

【Q】

基本はインデックスで、必要時にアクティブ型に移行というフットワークを持っていると理解していいのでしょうか?

【A】

おっしゃる通りです。

【Q】

【Q】スコティッシュライフのKey featuresの3ページ目Chargesの部分だけ念のため要約していただけたら..

【A】

投資開始後4年間に積立てる金額は、Initial Establishment Unit(イニシャル・ユニット)と呼ばれ、一部が翌年の契約応答日にキャンセルされる形で、チャージされます。

5年目からの積立金は、全てStandard Unit(標準ユニット)と呼ばれ、上記の適用外となります。

現在のところ、Contract Fee(ご契約手数料)はUSD5.75、プレミアム手数料はUSD210(それぞれ、年間)ですが、将来的に、Scottish Lifeの裁量により、変更になる可能性もあります。

その他、生命保険や傷害特約をつけた方については、別途、保障コストがかかりますが、通常は関係ありません。

こうした手数料の影響は、お見積もり書(Illustration)をご覧になれば、はっきり分かると思います。即ち、最初の頃は、いくら積立て金額が増えても、キャッシュ・バリューは、それほど増えません。早期に解約をすると、目減りする可能性が高くなります。

長期になればなるほど、イニシャル・ユニットにかかったコストが回収されて来ますので、実質利回りは向上します。

上記の他、年1.25%のファンド管理費がかかります。

この仕組みは、Scottishのみならず、ほとんどのオフショア積立てプラン及び年金プランで共通です。よって、数年で解約する積立てプランは、お勧めできませんが、お子様の学資向けあるいは将来の生活資金用と言った、明確な目的がある長期運用には適しています。

【Q】

一部引出しは可能ですか?パンフには最低1600$残し、かつ2年以上たっていれば可能です、と書いたのですがあっていますでしょうか?なお、引き出し手数料ってかかりましたっけ?

【A】

はい。その通りです。定期定額のお引きだし(年金払いのような)は、5年以上たっていないとダメなのですが、単発の一部引出しなら、上記の通り、可能です。

引き出し手数料としては、かからないのですが、何分、保険と同じでして・・・。
お見積もりを見るとはっきり分かるのですが、初期に、将来のコストを回収する仕組になっているので、あまり早期に引き出そうとすると、意外に、引き出せる金額が貯まっていないのに気づかれると思います。

突発的な何かが起きて、どうしても・・・という場合は別として、予め短期で必要になりそうな資金は、海外に出さないのが鉄則です。

【Q】

プレミアムホリデーとは何ですか?配当金の事???

【A】

配当金ではありません。定期定額の積み立てとしてスタートしても、途中で支払いをストップすることが可能ですよ、という意味です。

プレミアム=保険料 (積立プランなら、積立額)
ホリデー=休暇
 ↓
お支払いを一時的にお休みすること

【Q】

あと、規則的な撤回=減額???

【A】

Withdrawは、預金を引き出す、あるいは、ファンドを取り崩す、という意味です。後で、年金のように、定期定額でのお引出しが可能です、という意味です。便利でしょう? (65歳になったら、毎月1,000ドルを指定の口座に振り込んでね、という指示が出せます)

【Q】

ミニマム………1600$/年もしくは1000ポンド
毎年3〜6%ずつ投資金額を投資できる。

【A】

ミニマムは最低投資金額のことです。当たり。

毎年、インフレがあるような国では、貨幣の相対価値が目減りするので、わざと、3%ずつ積立金額を増やす、という選択肢が与えられています。日本はデフレ傾向なので、ピンと来ないかも知れませんが、インフレ→賃金の上昇→同じ率で積立金額を増やして行かないと、将来、受け取った時に、価値が低くなってしまう、ということから、できたプランです。たいていの日本人は、毎年、増額せずに、一定の積立額をお支払いになるようです。

でも、日本がこれからもずっと円高になる、と信じている人(過去の為替相場の推移が頭から離れない方)は、円高ヘッジのために、わざと増額オプションをつけておけば良いのです。

毎年、年率平均3%の円高になれば、3%米ドル建ての積み立て金額を増やしたとしても、円ベースでのお支払い額は同じですから。

【Q】

あと、、金融用の辞書が必要でしょうか?もしもいい辞書等あったらお教え下さい。

【A】

済みません、私自身、一度も使ったことがないもので、日本にどんな金融用語辞典があるのか、全然、見当がつかないです・・・・。ちょっと学校で習う意味と、違ったりして、分かりにくいですよね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

特にやる事といえば、プロテクトの指示ぐらいなので(って、これすらも絶対必要とはいえない)、ホント、ボ〜っと運用するには向いています。
積立てものだと…

hansard:スコッティ=6:4

こんな割合で、みんな好きずきに選んでいますね。
(過去1人だけ両方ともやった人がいたが)

グワっと送ったので、理解が難しいかも。
分からない点等ありましたら、なんなりと質問下さい。


<相手からのレス>

>> 【Q】基本はインデックスで、必要時にアクティブ型に移行というフットワークを持っ
>>    ていると理解していいのでしょうか?
>>
>> 【A】おっしゃる通りです。

ここまでのスコッティの説明、前半部分は以前に送っていただいたものと一緒ですね。
スコッティは、インデックスからの選択をするだけで、他はあまり気にしなくてよいと。
安全面でいえば、ハンザードよりスコッティでしたよね?
当然その分、面白みにかけると。
さらに、3%とか元本保証とかの安全弁(=プロテクト?)をつけると、
さらに利率がわるくなる、ということですよね?
余りつけすぎると、銀行並になるってことも書いてありましたね。

前に見たときより、理解できるようになってるようです。(笑)


>> 【Q】スコティッシュライフのKey featuresの3ページ目
>>    Chargesの部分だけ念のため要約していただけたら
>>
>> 【A】投資開始後4年間に積立てる金額は、Initial Establishment Unit
>> (イニシャル・ユニット)と呼ばれ、一部が翌年の契約応答日にキャンセル
              :
>> この仕組みは、Scottishのみならず、ほとんどのオフショア積立てプラン
>> 及び年金プランで共通です。よって、数年で解約する積立てプランは、
>> お勧めできませんが、お子様の学資向けあるいは将来の生活資金用と
>> 言った、明確な目的がある長期運用には適しています。

契約手数料が$5.75/年
管理費が  1.25%/年 (3万円積み立てとしたら4500円)

プレミアム手数料($210)ってなんですか?
早期引出しをしないかぎり、これが手数料全部でしょうか?


>> 【Q】一部引出しは可能ですか?
>>    パンフには最低1600$残し、かつ2年以上たっていれば可能です、と書い
>>    たのですがあっていますでしょうか?なお、引き出し手数料ってかかりましたっ
>>    け?
>>
>> 【A】はい。その通りです。定期定額のお引きだし(年金払いのような)は、5年以
              :

引き出し手数料はないけど、早期引出しは、引き出し額が少ないよと。


>> 【Q】プレミアムホリデーとは何ですか?配当金の事???
>> 【A】>> 配当金ではありません。定期定額の積み立てとしてスタートしても、途中で
>> 支払いをストップすることが可能ですよ、という意味です。
>> プレミアム=保険料 (積立プランなら、積立額)
>> ホリデー=休暇
>> お支払いを一時的にお休みすること

月々の積み立てを止めることができると。
これって、何年目からとかあるのでしょうか?


>> 特にやる事といえば、プロテクトの指示ぐらいなので(って、これすらも絶対必要と
>> はいえない)、ホント、ボ〜っと運用するには向いています。
>> 積立てものだと…

今回のスコッティの説明、前半部分は以前に送っていただいたものと一緒ですね。
スコッティは、インデックスからの選択をするだけで、他はあまり気にしなくてよいと。
安全面でいえば、ハンザードよりスコッティでしたよね?
当然その分、面白みにかけると。
さらに、3%とか元本保証とかの安全弁(=プロテクト?)をつけると、さらに利率がわるくなる、ということですよね?
余りつけすぎると、銀行並になるってことも書いてありましたね。


>> hansard:スコッティ=6:4
>>
>> こんな割合で、みんな好きずきに選んでいますね。
>> (過去1人だけ両方ともやった人がいたが)

なるほど。半々くらいなのか。
ハンザードの方が、なにかと面白そうな商品が多いですねぇ〜。
スコッティってボーナスないんでしたよね?

考えてしまう・・・

載せていただいた数字は、84年から99年のデータということですが、今はだいたいこの辺の数値になるのでしょうか?
あ、あとスコッティにするとしたら、やっぱりミックスだと思うのですが、

 

>> (5)Protected Multi Index Fund
>>    (1)〜(4)のミックスに連動。
>>    オフショアの世界株ファンド平均利回り(損失限定安全弁なし)…10.2%
>>    Scottish Lifeの平均利回り……………………………………………14.6%

10.2%と14.6%の、違いが良く分からないのですけど。
下が、スコッティの数値?しかもそれには安全弁がついてる?
インデックス系だけど、スコッティの場合、全部を平均して買うわけじゃなくて割合を変えたりするから、オフショアの平均よりもスコッティが高いってことですか?

そうゆうことであってます?(書いてるうちに理解してきたような・・・(笑))

ん〜、それで14%くらいでるのか。
やっぱスコッティ、アリかも。


>> グワっと送ったので、理解が難しいかも。
>> 分からない点等ありましたら、なんなりと質問下さい。

はい。いつものようにいくつか書きましたのでよろしくお願いします。


<自分のレス>

> 安全面でいえば、ハンザードよりスコッティでしたよね?
> 当然その分、面白みにかけると。
> さらに、3%とか元本保証とかの安全弁(=プロテクト?)をつけると、
> さらに利率がわるくなる、ということですよね?
> 余りつけすぎると、銀行並になるってことも書いてありましたね。
>
> 前に見たときより、理解できるようになってるようです。(笑)

3%のプロテクトは勝手にかかっていたような気がします。
毎期間、プロテクトを元本保障にしたら…銀行なみになるのでオススメできないよ〜、ってな事ですな。

で、一応ファンドマネージャーは「なんちゃら賞」なんか貰う程、優秀なので、日本よりは信用していいのかなってな所ですな。

> 契約手数料が$5.75/年
> 管理費が  1.25%/年 (3万円積み立てとしたら4500円)
>
> プレミアム手数料($210)ってなんですか?

これは直接関係してきませんが…

プレミアム=保険

となります。
保険をつける場合、手数料がかかるよ〜、ってな事ですな。
(まずこの保険はつける事ないので無視してOKです)


> 早期引出しをしないかぎり、これが手数料全部でしょうか?

契約手数料は確か最初の数年です。
これが全ての手数料です、はい。


>>> 突発的な何かが起きて、どうしても・・・という場合は別として、予め短期で
>>> 必要になりそうな資金は、海外に出さないのが鉄則です。

>
> 引き出し手数料はないけど、早期引出しは、引き出し額が少ないよと。

はい。
最初のうちは、契約手数料みたいな形で余分に取られてしまうので、少なくなってしまうよ、ってな感じです。



>>> 【Q】プレミアムホリデーとは何ですか?配当金の事???
>>> 【A】>> 配当金ではありません。定期定額の積み立てとしてスタートしても、途中で
>>> 支払いをストップすることが可能ですよ、という意味です。
>>> プレミアム=保険料 (積立プランなら、積立額)
>>> ホリデー=休暇
>>> お支払いを一時的にお休みすること

>
> 月々の積み立てを止めることができると。
> これって、何年目からとかあるのでしょうか?

2年目からです。


> 今回のスコッティの説明、前半部分は以前に送っていただいたものと一緒ですね。
> スコッティは、インデックスからの選択をするだけで、他はあまり気にしなくてよいと

はい。どこまで送ったか分からなくなってしまったので、全部送っておきやした。


> 安全面でいえば、ハンザードよりスコッティでしたよね?
> 当然その分、面白みにかけると。
> さらに、3%とか元本保証とかの安全弁(=プロテクト?)をつけると、
> さらに利率がわるくなる、ということですよね?
> 余りつけすぎると、銀行並になるってことも書いてありましたね。

バッチシです。


> なるほど。半々くらいなのか。
> ハンザードの方が、なにかと面白そうな商品が多いですねぇ〜。
> スコッティってボーナスないんでしたよね?
>
> 考えてしまう・・・


安全面からいうと、スコッティでしょうな。
(元本保証という安全面という意味)

まぁ、インデックスファンドみたいなものなので、さすがにボーナスはつけれないみたいですな。


> 載せていただいた数字は、84年から99年のデータということですが、
> 今はだいたいこの辺の数値になるのでしょうか?

今のデータ、ちょいと待って下さいね。
今、パンフを再度取り寄せています。


> あ、あとスコッティにするとしたら、やっぱりミックスだと思うのですが、
>
>>> (5)Protected Multi Index Fund
>>>    (1)〜(4)のミックスに連動。
>>>    オフショアの世界株ファンド平均利回り(損失限定安全弁なし)…10.2%
>>>    Scottish Lifeの平均利回り……………………………………………14.6%
>
> 10.2%と14.6%の、違いが良く分からないのですけど。
> 下が、スコッティの数値?しかもそれには安全弁がついてる?

はい、その通りです。
上は「3%の安全弁もなにもついていない、他のインデックスファンドの平均利回り」という事です。
下が、スコッティの数字、という事ですな。


> インデックス系だけど、スコッティの場合、全部を平均して買うわけじゃなくて
> 割合を変えたりするから、オフショアの平均よりもスコッティが高いってことですか?

本来は全部を平均して購入するが、状況によっては臨機応変に割合を変えたり、全くインデックスらしからぬ運用もしますよ〜、という事ですな。よって、インデックスものよりプロテクトがついているにも関わらず、同水準、もしくはそれ以上の利回りとなっています。

まぁ、これがなんちゃら賞等受賞する所以なんでしょう。

 

> そうゆうことであってます?(書いてるうちに理解してきたような・・・(笑))

あってまっせ〜。


> ん〜、それで14%くらいでるのか。
> やっぱスコッティ、アリかも。

と…思ってしまいますよねぇ、やはり。

年払いしか不可ですが、ミニマムが小さいので、ハンザードよりやりやすいかもしれないです。
ただ…やはりツマラナイという一面も(笑)

<続く>




【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし。。というかこの連載(?)にキリがついたらまとめてup予定っす。


 [目次] [戻る] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]