診断の実際〜貯蓄編〜


 


◆騙されない為に

やりとり掲載はちょっと休憩です。
これは…正直ここまで書いていいのかどうか迷いましたが…この部分を知っておかないと「痛い目にあう」可能性があると思いましたので、掲載します。

海外もの、「うわぁ、やってみたいなぁ」と思う方も多いのではないでしょうか?
同時に、「大丈夫かいな?騙されないかいな?」と思う人もいるかと思います。
ゴミ投資家シリーズ等、オフショア系の本もソコソコ出てきていますし、「おし、自分でなんとかやってみようか!」と挑戦する人もいるでしょう。
当然、自分で海外ファンドを探すという事、止める事はしません。
ちょっとした英語の知識、それに「ファンドを見極める目を持っている」のでしたら。。

脅す訳ではないですが…海外もの、、いや、日本でもそうなのですが…世の中「いいもの」ばかりではないんですね。
年利120%!等と提示、、会社は翌年ドロン!!なんて事もしばしば。。
(日本でも、ジーオーグループやら、石原都知事の娘を語ったものやら、少々古いものですと、オレンジ共済やら…ありますな)

世の中、「そんないい話、ある筈ないじゃない」という、典型的な例でしょうか。。。
で、被害者の会等と作成した所で、、銭が戻ってくるとでも思いますでしょうか???
現実的には…銭は戻ってこないでしょう。。

「うわ、そんな話聞いたら、とても恐くて海外ものなんて〜」

と思う方もいるでしょう。
が、「まともなモノをやる事は、別に素人でも可能」なんですね。
何じゃ?といいますと…IFAの紹介するもの、とでもいえばいいでしょうか?
その大きな理由、以下に書いていきます。


◆IFAになる為には??

IFAになる為には、、どうしたらいいのか??
現役IFAの人に具体的に聞いてきました。
以下、その際のやりとりの抜粋です。


(とある某海外の大々的な市場展開を見せている海外IFAのHPを見て)

たくみ:

ここに出てくるようなファンドって、●●さん扱ってます??

●●氏:

基本的に、ヘッジファンドの場合、直接、ファンドマネジャーや、ファンド会社のアジア担当者と親しくならないとエージェントになれないし、ファンドの運用成績の信憑性も自分なりに分からないので、ちょこっと運用がよさそうだから、と言って、あちこちとエージェント契約を結ぶことはできないんです・・・・。

でも、将来的に、「●●にエージェント権を与えれば、最低でも数ヶ月で数百万ドルは日本の資金が流入する」とでも言うことになれば、やりやすくなるでしょう。(多分、そういうレベルには、一生、達しないような気もしますが(笑))

例えば、Royal&SunでUSD1million程度のIPB(ハンサードのUPPに相当します)を組んで下さるお客様になら、ある程度、IPBを通じて購入できるよう、交渉することも可能です。

ハンサードは、ヘッジファンド系は、情報開示が毎月一回とか、投資手法や投資先の明細を教えない、など、不透明部分が多すぎるとして、UPP組み入れに積極的ではないです。

Royal&Sunは、お客様に「損失が出たり、元本を失うことがあっても、Royalの責任を問わない」という厳し〜い誓約書を書かせた上で、組み込んでくれることがあります。(だからといって、何でも申請すれば組み込めるか、というと、彼らなりに、基準があるみたいです)

〜というわけで、ヘッジファンドや商品系ファンドを購入できる富裕層が現れても、個々のファンドとエージェント契約を結ぶことなく、ご紹介が可能ですので、ご安心下さい。

たくみ:

(アジア担当者と親しくならないとエージェントになれないし、ファンドの運用成績の信憑性も自分なりに分からないので、ちょこっと運用がよさそうだから、と言って、あちこちとエージェント契約を結ぶことはできないんです・・・・。)

おぉ、なる程。
まずは「仲良くならなくては」ならないんですね。
でもって、発売当初の「聞いた事もないようなファンド」自体、今後どうなるか把握が難しいので、ちょっと成績がいいからといって今後どうなるか見えないものに関していちいち「仲良くなる」という手間自体、メリット自体はないよ、と。

納得です。


(でも、将来的に、「●●にエージェント権を与えれば、最低でも数ヶ月で数百万ドルは日本の資金が流入する」とでも言うことになれば、やりやすくなるでしょう。(多分、そういうレベルには、一生、達しないような気もしますが(笑)))

このエージェント権というのは、海外特有のものなんでしょうか?
例えばHansardのエージェント権、最初からあった訳ではないかと思いますが、ココ等も「仲良くなって」「実績をあげて」との流れかと想像します。

ここでいう「●●さんにエージェント権を与えればこれだけの実績が期待出来る」という風になる為には…最初は(例えばハンザード)ボランティアのごとく紹介、後にエージェント権が与えられ、そこではじめて手数料等が発生してくる、そんな感じなのでしょうか?

いえ、自分が海外と直接〜とは考えていないのですが、仮に上記のような流れの場合ですと、「今ボランティアのごとく紹介しまくっている全労済(新こくみん共済等)」あたりから、なんらかのfeeを貰う事が出来るいいヒントになるかな?と思いまして。。
(今じゃ…ありがとうございました〜程度いわれるのがオチですから(笑))
(正直、年間100件程度は新こくみん共済医療タイプを紹介しているので…これで銭が入るのならラクになるものですから(笑))

●●氏:

(まずは「仲良くならなくては」ならないんですね)

あちらさんだって、どこのウマの骨か分からない会社/人間に、代理権など与えたくないでしょう? 例えば、借金苦で首が回らない会社/人間が代理店になってしまったら、コミッション欲しさに、どんな販売攻勢をかけるか分からないし、汚いお金と知っていても、偽造パスポートだと見抜いていても、認証して、「お客さん」にしてしまうかも知れません。


(このエージェント権というのは、海外特有のものなんでしょうか?)

日本でも、外務員資格のある証券マンが、コミッション方式で投信を販売することもあるらしいから、段々と、日本にも浸透しつつあるのではないかと思います。が、まだまだ、IFAの存在が社会的にも認知されていない日本では、少数派かも知れませんね。

欧米では、保険も、ファンドも、エージェントが扱う部分がかなり大きいと聞きます。

「エージェントになりたいよ〜」と、顔見知りのファンド会社/保険会社の人に頼むと、早速、Due Dilligenceと呼ばれる精査作業が始まります。つまり、どのレベルの銀行と取引があって(銀行紹介状が必要になったり、こちらの情報開示許可状を元に、銀行員に聞き取り調査をしたり、まちまちです)、どんなファンド/保険会社のエージェント経験があるのか、また、それら金融機関でReference(照会に応じて、私について話してくれる人、あるいは書面で品行方性(?)なことを証明してくれる人)を求めたりします。

当然のことながら、これまでXX社のファンドを、どのぐらい仲介して来たのか、顧客の質はどうだったか、トラブルはなかったか、金融知識は、コミュニケーション能力は、なども聞き取り調査の内に入るのでしょう。

さりげなく、学歴や、これまでの職歴、賞罰などを口頭で聞いてくるところもありますし、簡単な履歴書の提出が求められることもあります。

日本の金融機関とお付き合いがあっても、まず、Referenceを出してくれる人が、英語がしゃべれなかったり(笑)、自分の信頼性とは全然、違うところで障害がありそうですね。

ただ、日本でも、お客様にUFJ銀行さんをお勧めして、結果的に、年間100人のお客様が同行に口座を開設したとしても、全く、謝礼などもらえません。同じように、全然、エージェント制を取らないところも沢山あります。銀行が販売しているファンドは、その良い例です。


(今じゃ…ありがとうございました〜程度いわれるのがオチですから(笑))

今後も、共済ならそのまま、変わらないでしょうね。投資信託なら、1%〜成績に応じて1.5%ぐらいはもらえる、と聞いています。(でも、薦めたい商品がない、とも・・・・・)

たくみ:

(あちらさんだって、どこのウマの骨か分からない会社/人間に、代理権など与えたくないでしょう?〜〜偽造パスポートだと見抜いていても、認証して、「お客さん」にしてしまうかも知れません)

なる程、納得です。


<エージェント権について>
(日本でも、外務員資格のある証券マンが〜〜IFAの存在が社会的にも認知されていない日本では、少数派かも知れませんね)

何故、認知されないんですかねぇ?
FPの国家資格より数倍いいかと思うのですが。。。


(「エージェントになりたいよ〜」と、顔見知りのファンド会社/保険会社の人に頼むと、〜〜〜それら金融機関でReference(照会に応じて、私について話してくれる人、あるいは書面で品行方性(?)なことを証明してくれる人)を求めたりします。)

という事は、最初は非常に苦労するという訳ですね。
この部分だけでも、殆どの人が諦めモードになるんでしょうね(笑)
銀行との取引き、エージェント経験、etc...
まずは、どこかしらの保険会社・ファンド会社に入って経験を積むよ、と。(で、ここで成績を残すのが大前提になるよ、と)


(当然のことながら、これまでXX社のファンドを、どのぐらい仲介して来たのか、顧客の質はどうだったか、トラブルはなかったか、金融知識は、コミュニケーション能力は、なども聞き取り調査の内に入るのでしょう。)

ん〜、ここまで厳しいとは。。
って、これくらい厳しいのが普通なんでしょうね。
日本のように「代理店なりたい!」といったら即座にOK!なんてのは……


(日本の金融機関とお付き合いがあっても、まず、Referenceを出してくれる人が、英語がしゃべれなかったり(笑)、自分の信頼性とは全然、違うところで障害がありそうですね。)

取りあえず、殆どの人は無理だよ、と(笑)


(今後も、共済ならそのまま、変わらないでしょうね。投資信託なら、1%〜成績に応じて1.5%ぐらいはもらえる、と聞いています。)

投信、勧めるレベルのものがあればとっくに権利を持っているでしょうね。
って…勧めるレベルのもの、、ないですし(笑)
(だからオフショアに目を向けている(爆))

●●氏:

(まずは、どこかしらの保険会社・ファンド会社に入って経験を積むよ、と。(で、ここで成績を残すのが大前提になるよ、と))

はい。ご多聞に漏れず、私も最初は在香港、外国籍の保険会社のエージェントとして、2年間MDRT登録をし、ダメ押しに保険業界以外のセールスを集めた香港域内のセールス大賞(笑)にも日本人初の受賞者として名前を残し、PR用としました。 わずか2万人弱の在香港日本人市場で、これだけの成績だったんですよ〜。私にエージェント権を与えれば、人口1億3千万人の日本市場が私を通じて、御社の掌中に入りますよ〜、という訳です(笑)

残念ながら、カバーできる人口と、収入は比例しませんでしたが〜。

たくみ:

(はい。ご多聞に漏れず、私も最初は在香港、外国籍の保険会社のエージェントとして、2年間MDRT登録をし、ダメ押しに保険業界以外のセールスを集めた香港域内のセールス大賞(笑)にも日本人初の受賞者として名前を残し、PR用としました。 わずか2万人弱の在香港日本人市場で、これだけの成績だったんですよ〜。私にエージェント権を与えれば、人口1億3千万人の日本市場が私を通じて、御社の掌中に入りますよ〜、という訳です(笑))

さりげなく2年間MDRT登録をした〜というのが恐ろしいですね。
MDRT基準って…決して容易ではないっすよね??
ん〜、ここまでの実績がないと…エージェント契約は無理なのか。。

あ、たまに日本でもオフショアを扱っている会社ってありますよね?
これらも…●●さんと同様の苦労した…んですかねぇ??
もしかして…この「オフショアをクソ高いコンサル料で取り扱ってる所」は●●さんの下っすか??

●●氏:

(MDRT基準って…決して容易ではないっすよね??)

たくみさんなら、TOTだの、COTのレベルまで到達していますよ!
(TOTはMDRTの3倍、COTはさらに、何倍・・・だったか忘れました。)


(あ、たまに日本でもオフショアを扱っている会社ってありますよね?これらも…●●さんと同様の苦労した…んですかねぇ??)

いいえ。ここらは、自分でエージェント権が取れなかったので、正規のエージェントから商品を卸してもらっているだけです。その分、コミッションの分け前が少ないので、高いオフィス経費と、人件費を賄うために、勝手に販売手数料やら、年間管理費やら、倶楽部会費やら、情報レポート購読料やら、その他、もろもろ理由をつけて取っているのです。


(もしかして…この「オフショアをクソ高いコンサル料で取り扱ってる所」は●●さんの下っすか??)

そんなにアコギな方は、いらっしゃらなかったと思いますが(笑)。一切関知していません。


……想像以上に、、、IFAの第一歩というのは高い壁という事が判明しました。
経歴や、さりげなく書かれている事柄等を見て「バケモノめが」と心の中で思っていましたが(●●さん、失礼(笑))、、このやりとり自体が一番「ホント、バケモノめが」と心の中で思いました(爆)

MDRT、、さりげなく2年連続で登録〜、、、日本でも難しいのに、香港のわずかな日本人市場のみで達成してしまうなんて。。
発想、行動力とも、、自分には出来ないですなぁ。。
って、、MDRTの上なんて、、あったんですねぇ。。はじめて知りました。
ホント、上には上がいるもんです、はい。

IFAを目指してる〜等と書いていますが…正直今から弁護士と医者の資格を両方とも取る事よりも、、困難なような道かも。。


◆IFA経由で海外ものを始める

と……ここまで書いたら気付くかもしれませんが、、一番安全な方法は、、IFA経由で始める事でしょうね。
一般の人にとっては、本当に単純な詐欺的商品でもコロっと逝ってしまいがち。
IFAの人は…当然綿密な調査をして、上記やりとりにかかれているようにメンドいエージェント権を獲得していくという訳ですから、、まず下手なモノをつかまされる事はないでしょう。

で、、どこぞかで書いたかと思いますが、IFA経由で入ろうが、個人でセッセと手続きを直接して入ろうが値段は同じ。
IFA経由で入るのに、ナンチャラ手数料なんてのは…当然ナシ。
利用しない手はないでしょうな。
(クソ高い手数料を取っている所は…何故クソ高い手数料を取っているのか?という回答も上記に書いてあります)


かなり前にも書きましたが、一応自分経由とした場合、実質上IFA経由と同様の流れとなります。
(上記やりとりのIFAの人が自分の師匠っす)

料金?
そんなモノ、取りません。
これで取ったら、それこそバチがあたりますから(笑)

海外もの、興味がお有りの方、一度声をかけて下さい。
悪いようにはしませんぜ(笑)



今回は…貯蓄編のPRみたいになってしまいました(笑)
次回は、、「アフター」等の事を。
(次回以降、またやりとりに戻ろうかと思います)

【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし。。というかこの連載(?)にキリがついたらまとめてup予定っす。


 [目次] [戻る] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]