診断の実際〜貯蓄編〜


 


◆海外もの、アフター等

「取りあえず分かった、やろうと思うけど、どこまで手助けしてくれるの?」

と、素朴に問い合わせをしてくれる方が多いです。
なんか…ここまで書くのもいいのかなぁ…と思いつつも、「どこまでやっているか?」を書きますね。


◆取りあえず、海外ものをやるのに必要なもの

あ、まずこれを先にかかなくては。

・パスポート
・お金

この2つですね。
パスポートは、「何、契約は海外にいくの?」と思われるかもしれませんが…海外に出向く事は一切ありません。
身分証明として必要なだけです。
日本ですと健康保険証や免許証で身分証明が可能ですが、海外となると、パスポートしか通用しないんですな。
(パスポートの認証という事も必要となりますが、コレは無料でしてますので問題ないっす)
(これで…1〜3万取っているボッタの所もある)

お金。
CSAやりたい〜っていっても、このミニマム分の銭がなければどうしようもないですし。
最低ミニマムの目安を。

<積み立てもの>

まぁ、3万くらいと考えた方がいいでしょう。
(月です)
スコッティだと年1600ドルからいけますが、年払いとなりますしね。


<一括もの>

まぁ、150万程度からと御考え下さい。
さすがに10万から〜というものは存在しないっす。
(一番ミニマムが低いので1万ドルからというのがありますが、ソレが気にいるかどうか分からないですし)

◆契約まで

大きく勘違いしている人も多いですが、自分が販売〜という事はしてません。
あくまでも「紹介」なんですね。
よって、申込み自体は「御自身で」書いて頂く事になります。

まず、「何をやるのか?」というものの診断(???)は、今やっているようにやりとりにて固めていく事になります。
予め「俺は○○をやりたいんじゃ!」という方の場合は、面倒ならばやりとりは飛ばしてもOKです。

で、「おし、これをやろう!」と大まかに決めたとしたら、そのパンフ&申込みの取り寄せとなります。
詳細はやりとり中にグワっと書いていきます。
ココを細かくかくと、、「仁義なき戦い」が起きる可能性があるので敢えて省きます(謎)

で、送られてくるパンフ&申込みものは当然「英語」です。
ただ、中には全てを和訳したものもありますので、それも同時にお送りするのも可能です。
(要約自体は全てしてありますので、大抵はそれでOKでしょう)

申込みの書き方〜って、、これは実は非常にラクだったりします。
どこに何をかけばいいか?という事はちゃ〜んと指示致します。

「ここに書いてある英語、どういう意味??」

という素朴な問い合わせも当然お答えしてますな。
取りあえず「なんでも聞いてきてくれれば」OKと思っていただければいいです。
で、申込みを書いたら、所定の所へ申込書郵送〜ですな。
(当然、それらのチェックもしてますので御安心を)

恐らく一番の難関は海外送金でしょう。
特に地方銀行さんの場合ですと、過去に海外送金扱った事がない〜等という事すらあり得ますので、銀行員スキルの問題からなかなか難しくなる可能性が。。
(一度の銀行訪問では上手くいかない時もありますが、なんとかいっても過去結局出来なかったという人はいませんがね)
これも…こと細かく指示&やりとりしてます。
(正確には海外在住IFAとのやりとりです)

と、まぁ…想像以上にアレコレ手を貸してます。

「なんで料金いらないの?悪いよ〜」

とおっしゃる方もいますが、、お礼をしたい〜という心優しい方には、「気持ち」だけ頂いてます。
当然、「ウン十万くれ!」なんて事はいわず、せいぜい1000円単位、貰う事前提でやってませんので、本来無料奉仕っすわ。
って…多少の紹介手数料が海外より入りますからねぇ。


◆アフターの事

「契約したはいいが、その後はどうなん??」

入ったら入りっぱなしじゃイヤ〜という声聞きますね。
ここまでは期待していない人も多いでしょうが、ははは、案外万全を尽くしてます。
保険診断でも同様ですが、基本的に「○○までやったら終了〜」なんて期限は自分は設けていません。
将来的に、あまりにも大変になるようでしたら、考えるかもしれませんが、極端な話「1年後、生活環境自体ガラっと変わった〜」という場合でも、追加料金を頂く事なくやってますしねぇ。
(独身時代に見た→10年後、結婚して全く状況が変わった〜というケースの場合は…さすがに料金頂くかもしれないですがね。今の所追加料金を頂いたという例はないっす)

と、少々話がソレました。
はい、貯蓄もの、海外に入った後でも別に個別にメールをいただければその都度お答えしてます。
特に「引き出し」「解約」(まぁ、先の話になるでしょうが)等の手続き等、大抵の「ひな形」は用意してありますしね。

一応、今やっているのが…

・専用ML(まだ本格的には動いていないですが、発足させてます)
・専用HP(ははは、中々出来ないですが、着々と作ってます。セキュリティナシなら速攻で出来るのですが…)
     (セキュリティ自体かける必要もないかも…と思う今日この頃。近々出来るでしょう)

フォローも、意外な程万全っす。
最悪、自分や海外IFAの方が死亡してしまった〜という場合でも、MLメンバーの中に英語がペラペラの方が既に約2名程いますので、手続き自体もどうとでも出来るような形は完成しています。

「何故にここまでやるねん!やってけるの???」

と、素朴に突っ込みをいれてくれる方もいますね。
って…自分はココまでやるのが「普通」だと思ってます。

海外ものをやるのに、ウン十万のコンサル料?
冗談じゃない。
そんな銭、1円も必要ないです。
この「裏」の話も…いずれ書こうかなぁ。。

FP料金で時給○万??
はぁ???
で、あげくの果てに保険は組んでいるソニー等を紹介???
ふざけるなよ。。
で、「運用」に「変額終身」「利率変動型終身」????
別にこれが悪いとまではいいませんが、他の選択肢は??

「貯金しましょう」

んなもん、誰でもいえるわ!!!

「日経トピック連動型インデックスものに〜」

アホ!!老後資金等、これだけでやったらどれだけのリスクあるねん!!!

等等。。

「みんながこの値段でやっているから〜」
「みんながこんな提示してるから〜」

自分は、こういうなぁなぁが大嫌いでして(笑)
おかしいモノはおかしい、といっていってナンボかな、と。
ふぅ、、、敵は今後も増え続けるでしょうよ、自分。。

って…全く何を書いているんだ、、、

 



今回も…貯蓄編のPRみたいになってしまいました(笑)
次回からは、またやりとりの続きを。

【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし。。というかこの連載(?)にキリがついたらまとめてup予定っす。


 [目次] [戻る] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]